Wordpress

【知識ゼロの方向け】WordPressブログの始め方と費用

こんにちは。株式会社ソライル、Webコンサルタントの波多野です。

WordPressは、Web制作の知識をもっていなくても簡単にブログを始めることが出来る便利なシステムです。

ただし、まったくの予備知識なく始めてしまうと、後から「知らなかった!」と思うこともあるので、WordPressで制作を始める前に知っておくべきこと、そしてWordPressでブログを開設するまでに必要な準備や手順についてご紹介します。
また、費用については開始時の初期費用と公開後の維持費用という2つの費用が発生するので、あわせてご紹介します。

これを読んで、WordPressでブログを始めるための知識と流れを知ることが出来るので、ぜひ参考にしてください。

WordPressでブログを始める前に知っておくべきこと

WordPressでブログを開設する場合、最低限事前に認識しておくべきことが2つあるので、まずはそこから解説します。

この2つを認識しておかなければ、せっかくブログを開設しても最終的には無駄になってしまうこともあるので忘れないようにしておきましょう。

公開後も継続的なメンテナンスは必要

WordPressでブログ公開したら、あとは記事だけを投稿し続ければ良いということにはなりません。

WordPressは無料で利用できるため、世界中で多くの人がWordPressを使ってWebサイトの制作を行っています。
それゆえ、悪意のある攻撃のターゲットにされやすいというデメリットがあります。
攻撃の内容は、ユーザー情報の漏洩やサイトの乗っ取りなど様々です。

この攻撃を防ぐために、WordPressはセキュリティ強化のためのバージョンアップを行います。
バージョンアップの頻度や対応範囲は色々ですが、基本的にWordPressを利用しているユーザーは、このバージョンアップの更新対応を自分で行わなければいけません。

カスタマイズをしていなければ更新対応はそれほど難しいものではありませんが、事前のバックアップ準備など行うべきことはそれなりにあり、方法を間違えるとWebサイトが表示されなくなるといった事態も起こりかねないので注意が必要です。

WordPressのアップデート対応については、下記ページで詳しく解説をしているのでご存知ない方は合わせて確認してみてください。

あわせて読みたい
WordPressのアップデートを簡単に行う方法と注意点

公開すること以上に継続的に集客を行うことが重要

WordPressでブログを始めること自体は、それほど難しいことではありません。
基本的な流れに従い設定をすすめれば、初心者でも半日もかからずに公開まで進めることができるでしょう。

それよりもブログが難しいのは、いかに読んでくれるユーザーを集めるかです。

ブログはただ書いただけでは、ユーザーは集まりません。
集客を行うには、SEOの知識なども必要になってきます。

また、せっかく開設したブログを収益化させたいのであれば、Googleアドセンスの申請なども必要です。

ブログのアクセスをアップさせるための基本的な知識やGoogleアドセンスの申請方法等については、下記ページでそれぞれ解説しているので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
初心者必見!ブログをアクセスアップさせるための方法

あわせて読みたい
Googleアドセンスの申請方法と審査を合格させるポイント

WordPressでブログを始める際に必要な物

ここからは、WordPressでブログを始める際に必要な3つの準備を解説していきます。

何の知識もないと、「レンタルサーバー」や「ドメイン」といった単語を聞いてもピンと来ない方もいるかもしれませんが、あまり難しく考える必要はありません。

レンタルサーバーの契約

まず必要になるのがレンタルサーバーの契約です。

レンタルサーバーは、自分のWebサイトのデータを置く場所、言わば「土地」を契約するイメージです。

レンタルサーバーを選ぶ際の注意点は一つ、プランの内容に「データベースが含まれていること」です。

WordPressはHTMLの内容をプログラムによりサーバー上のデータベースから取得し、指定箇所に表示させます。
そのため、プランの中にデータベースが含まれている必要があるのです。

レンタルサーバーの最安値プランなどはデータベースが含まれていないことが多く、WordPressのインストールができない可能性が高いので、必ずプランの中にデータベースが含まれているかどうかを確認しましょう。

独自ドメインの取得

次に、ドメインの取得・契約を行います。

ドメインは、自分の土地に建てる家の「住所」を決めるイメージです。

Webサイトにアクセスする時に入力するURL「●●.jp」「●●.com」といったアドレスを、自分の好みのものに決めて、取得・契約を行います。

独自ドメインなので、世界で一つだけ、自分のオリジナルなドメインとなります。

代表的なドメインには、以下のようなものがあります。

.com:世界で最も登録数が多いドメイン
.net:「ネット」関連のサイトに適したドメイン
.jp:国産ドメイン
.blog:ブログでの利用におすすめのドメイン
.site:どんな「サイト」でも使えるドメイン

上記の場合、どのサイトにどのドメインを使うかは特に決まりはありませんが、ドメインにより利用料は異なります。
基本的には自分の好みで使いたいドメインを契約すれば良いですが、例えばブログの作成を行う予定であるならば、「.blog」というドメインを利用すると、URLを一目見ればブログサイトだとわかるというメリットがあります。

WordPressのインストール

最後に、WordPressのインストールを行います。

WordPressのインストールは、契約したレンタルサーバー上のデータベースに行います。

最近のレンタルサーバーは非常に便利になっており、レンタルサーバーの管理画面でWordPressのインストールまで簡単に行えるようになっているものがほとんどです。
管理画面でWordPressをインストールするというボタンをクリックすると、自動的にWordPressのインストールまで終えてくれます。

また、WordPressのデータベースを利用するには、MySQLと呼ばれるデータベース管理システムのインストールも必要になりますが、これもWordPressのインストール時にレンタルサーバー側で自動的に行ってくれるようになっているものがほとんどなので、基本的に気にすることなくWordPressのインストールを完了することができます。

以上で、基本的な3つの準備は終了となります。
初心者でも半日もかからずに公開まで進めることができるとお伝えした理由が理解できたのではないでしょうか。

WordPressでブログを始める際にかかる費用

次にWordPressでブログを始めるにあたり、発生する費用についてご紹介します。
費用は、大きく2つに分かれます。

初期費用

まずは開設するために最初にかかる初期費用です。

費用として絶対に必要になるのは、以下2つです。

・レンタルサーバー契約料:年間1万円~1.5万円前後
・独自ドメイン取得料:年間1,000円~2,000円前後

また、上記以外に任意として発生しうる費用に以下のようなものがあります。

・有料テーマ、有料プラグインの導入費用
・ページの制作を外部に委託する場合の制作費用

有料テーマやプラグインは必ずしも発生する費用ではありませんが、ブログをより見やすく機能的なサイトにするために必要になる場合もあるでしょう。

ページの制作は自分自身で行うことが出来るのであれば、費用は発生しません。
また、WordPress自体も利用は無料なので、費用は発生しません。

維持費用

ブログを公開したら、その後は維持費がかかり続けます。

維持費として必ず必要になるのは、以下2つです。

・レンタルサーバー更新料:年間1万円~1.5万円前後
・独自ドメイン更新料:年間1,000円~2,000円前後

これは初期費用と同様の内容です。
レンタルサーバーも独自ドメインも契約を更新していく必要があるため、毎年同様の更新費用が発生します。

また、上記以外に任意で発生しうる費用として、保守・管理費用があります。
前述したとおり、WordPressは悪意のある攻撃のターゲットにされやすいというデメリットがあるため、セキュリティ管理が必須となります。
これを怠ると、ユーザー情報の漏洩やサイトの乗っ取りなどあらゆる被害を受ける危険があるため、WordPressを利用している限り、セキュリティ強化を含むサイトの保守・管理は必須の作業です。
主な作業はWordPressのアップデート管理などですが、細かく解説すると意外とやらなければいけないことは細々多数あります。
これらの作業は自分自身でも行うことは可能です。

しかし、あまりWordPressの知識をもっていない場合などは、不安もあるでしょう。
その場合は、保守・管理だけを外部に委託することも可能です。

保守・管理にかかる費用は、サイト規模により様々ですが、一般的な平均費用は月額1万円~3万円前後が目安です。
ソライルでも保守・管理対応を良心的な価格でお請けしていますので、興味があればぜひ下記ページを参考にしてみてください。

あわせて読みたい
WEBサイトの保守って何をするの?保守契約は必要?

レンタルサーバーの選び方

最後に、レンタルサーバーの選び方についてご紹介します。

先ほど、レンタルサーバーのプランを選ぶ際の基準として、プランの内容に「データベースが含まれていること」とご説明しました。
これはレンタルサーバーを選ぶ上で必須の条件ですが、それ以外にもより便利に利用するために知っておくと良いポイントがあるのでご紹介します。

回線が安定していて、エラーの少ない利用実績豊富なサーバー

レンタルサーバーを契約する際に確認しておきたいのが、
・回線が安定しているか
・エラーが少ないか
・利用実績が十分にあるか
についてです。

サーバーを利用する上で、安定的に稼働しているサーバーであることは必須条件と言えるでしょう。
利用実績が十分にあるサーバーは、それだけ安定的に運用が出来ているということです。

また、設定途中でわからないことが出てきた場合、利用者が多ければ検索を行うことで様々な口コミを確認をすることができるため便利です。

レンタルサーバーのサイトを確認すると、エラー情報の頻度や復旧までの時間を公開しているので、気になるレンタルサーバーについての情報やユーザー口コミなどをチェックしてみると安定稼働しているサーバーかどうかの確認ができるのでおすすめです。

ドメインの取得もできる

レンタルサーバーを契約する際、一緒にドメイン取得もできるサービスがあるので、初心者の方はドメイン取得できるレンタルサーバーを選ぶと便利です。

仮に独自ドメインをレンタルサーバーの運用会社と違うところで取得すると、取得した独自ドメインをレンタルサーバーで利用できるよう自分で別途設定を行う必要があります。
しかし、その設定は初心者には少々難しい場合があります。

一方、前述したとおりドメインの取得も一緒におこなうことができるレンタルサーバーで契約をすれば、ドメイン設定とWordPressの設定の両方を管理画面で簡単に行うことができるのでとても便利なのでおすすめです。

サポートが充実している

初めてレンタルサーバーを使用する場合、初心者であれば何かとわからないことが出てくるものです。

そのため、サポート体制がしっかりと充実している運用会社を選んだほうが色々と確認ができて良いでしょう。

サポート方法は、メールのみの場合と、メールと電話で対応してくれる場合があります。
メールは24時間いつでも質問できるため一見便利ですが、細かな内容を文章でやりとりするのは骨が折れるものです。
また、返事もすぐに来るとは限らないので、早く解決したいという場合には不便です。

その点、電話でもサポートしてくれる会社であれば、すぐに内容を確認して解決することができるのでおすすめです。

【知識ゼロの方向け】WordPressブログの始め方と費用まとめ

WordPressでブログを始める際に知っておくべきことや、必要な準備について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

初めての言葉や内容に最初は躓くことも多いかもしれませんが、一度体験してみると、その仕組みなどもわかり良いでしょう。
今は疑問点を解消できる様々な内容がWebサイト上に溢れています。
一つ一つ解決をしていくことで、知識も身についていくので頑張って進めて見ると良いでしょう。

しかし、どうしてもよくわからない、あるいは時間をとれないといった場合は、必要に応じて外部に依頼をしてサポートしてもらうのがおすすめです。
最も大切なのは、ブログを開設すること、内容を充実させていくことなので、初期設定や管理・運用は外部に委託をすることでその時間を記事作成に費やしていくほうが効率的という場合もあります。

ソライルでは、WordPressの初期設定や保守・運用のサポートを行っています。
部分的にサポートして欲しいことなどあれば、お気軽にご相談ください。

サイト診断(ホームページの現状分析・課題の明確化)はこちら
お問合せはこちら