WEBコンサル

不動産会社のWeb集客を成功させるための方法とポイント

こんにちは、株式会社ソライル WEB集客コンサルタントの波多野です。

多くの不動産会社の中から、自社のWebに集客するためには、どのような方法が適しているのでしょうか。

少子高齢化により、新たな不動産を求める絶対的な顧客数は減少傾向にあります。そのため、効率的、なおかつ適切な集客手段でWeb集客を行うことは、不動産事業を継続していくうえで必要不可欠です。

今回は、不動産を求めるユーザーのWeb集客を成功させるための方法とポイント、そして失敗しがちな原因について解説します。

ソライルではWeb集客の初心者の方でもしっかりと学んで実践に活かすことができるオンライン学習教材もご用意しています。不動産のWeb集客を自社で行う場合にも役立つ情報が満載です。もしこのコラムを読んでもっと学んでみたいと思った場合はぜひお問い合わせください。

不動産会社のWeb集客で失敗しがちな原因

まずは、不動産会社のWeb集客で失敗しがちな原因についてご紹介します。

どのようなことが原因で失敗してしまうのかについてあらかじめ知っておくことで、同じ失敗をしないよう気を付けることができますのでとても重要です。

訴求したいターゲットが不明確

ひと昔前の広告手法は、どのような相手に訴求したいかといった細かな設計は行わず、とにかく広くマスに対して行う広告出稿が当たり前でしたが、Web集客がメインとなった現在はこのような方法では集客ができません。

ユーザーは自分が欲しいと思ったタイミングで、欲しい情報だけしか見に行かなくなっています。情報が溢れているからこそ、情報の取得も吟味していますし、無駄なものを見たくないと考えます。

そのため訴求したいターゲットがあいまいなままではWeb集客は成功しないどころか、余計な費用ばかりがかかってしまいます。

Web集客を成功させるためには、どのようなユーザーをターゲットにWeb集客を行いたいのかを、まずは明確にしましょう。

物件情報が古い

Webに掲載している情報は、常に最新であることが重要です。

少しでも古い情報が掲載されたままになっていると、ユーザーは「この会社のホームページは見るに値しない」と判断します。そして、一度「見るに値しない」と思われてしまった場合、二度とそのWebサイトには来てくれなくなることも少なくありません。

特に、不動産の空き情報は一日の中でもあっという間に変わっていくため、いかに更新を小まめに行うかが重要となります。問い合わせをしても既に成約済みの物件ばかり掲載していると、この会社は信頼できないと感じ、利用すらしてくれなくなります。

手がかかったとしても、しっかりホームページの更新を日々行っていくこともWeb集客を行なう上では重要であり、それを実践できている会社には自然とユーザーが集まるようになるため、検索結果でも上位に表示されやすくなっていきますので必ず意識して更新を行うよう心がけましょう。

ユーザーの目に届いていない

いくらWebの更新を小まめにしていても、それが適切に行えていないとユーザーの目には一つも届きません。

Webに掲載している情報が、自社が伝えたいことだけになっている場合、残念ながらその内容はユーザーが求めている情報と一致していないといったことがよくあります。

これは不動産会社に限らず企業のWeb集客でよくやってしまいがちな失敗ですが、自社が伝えたいことばかり掲載してしまっている場合、それは企業の自己満足でしかなく、ユーザーにとっては単なる押し売り広告でしかありません。

Web集客で大切なのは、ユーザーが求めている情報を適切なタイミング、そして適切な内容で伝えることです。そうすることで、その情報を求めているユーザーが自然と集まってくるのです。

ユーザーには大きく分けると、情報をすぐに欲しがっている顕在層と、何となく探し始めている潜在層の2種類います。

すでに自分の欲しいものがわかっている顕在層には、具体的な物件情報や問題解決ができるコンテンツの提供を、これから顧客となりうる潜在層には、良い物件の探し方などのコンテンツ提供といったかたちで自社が集客したいユーザーターゲットを基準に細分化して情報提供を行うことを意識しましょう。

他社との差別化が図れていない

たくさんある不動産会社の中から自社のWebに集客を行い、選んでもらうためには、他社と比較した時にユーザーがこの不動産屋に行ってみたい、問い合わせてみたいと思わせるメリットや強みがあることが重要です。

ただ物件情報を掲載しているだけでは差別化をはかることができないため、集客も難しくなります。同じ地域内の他の不動産会社と比較した時に、どのような点が強みと言えるのか、どんなサービスが提供できるのかを考え、それを明確に打ち出していくことを意識しましょう。

自分たちで自社の強みがわかっていなければユーザーも比較のしようがないため、単に契約料の安い不動産会社を選ぶといった金額比較になってしまうでしょう。

不動産会社のWeb集客を成功させるためのおすすめ方法

ここからは、具体的に不動産会社のWeb集客を成功させるためのおすすめの方法についてご紹介します。

Web集客を成功させるためにはどれか一つをやれば良いということではなく、基本的には全ての方法に取り組み、積極的に実践していくことが重要です。

不動産ポータルサイトへの出稿

不動産会社にとって、今や不動産のポータルサイトを利用するのは必須と言えるかもしれません。そのくらい、物件を探す際、まずユーザーは不動産ポータルサイトを見る人が多いためです。

不動産ポータルサイトとは、スーモ(suumo)、ホームズ(homes)といった大手が運営する物件検索サイトです。ポータルサイトへの掲載はどの不動産屋でも可能ですが、料金の発生タイミングは異なります。

例えばスーモの場合は掲載数に応じて料金が発生しますが、ホームズの場合は、掲載した物件にユーザーからの問い合せがあったら1件ごとに料金が発生します。

また、同じ物件を他の不動産会社も同様に掲載していることも多いため、いかに自社に問い合わせをしてもらえるか、掲載内容を工夫することが求められます。

しかし、Webサイトへの集客自体は、ポータルサイト側で行ってくれるため必要なのは掲載する情報について、ユーザーが何を求めているかを考えて記載することです。

SEO対策の実施

不動産のWeb集客を行う上で、SEO対策も欠かせません。

SEOは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで物件検索などを行う際、そのキーワードに応じた適切なページを検索結果の上位に表示させる施策です。

検索エンジンで表示される検索結果では、検索順位の上位に表示されればされるほど、ユーザーがそのWebページに訪れてくれる割合が高くなります。

そのため、自社のWebサイトがキーワードに応じて上位に表示されるようSEO対策をおこなっておくことで、Web集客を成功させることが出来るのです。

今、不動産物件を探している顕在層のユーザー、そしてこれから何らかの不動産物件を探すであろう潜在層のユーザーが、それぞれどのようなキーワードで検索を行うかを考え、それに基づいたコンテンツの制作を行っていくことが大切です。

ただし、SEOは成果が出るまでには時間がかかります。早くても結果が出始めるまでに数ヶ月かかるため、地道に対策を行っていきましょう。

また、SEO対策は一度行えば終わりではありません。Webサイトを運営し続ける限り、継続してコンテンツ作成を行うことが必要となりますので、その点も留意のうえ対応を進めていきましょう。

あわせて読みたい
SEO対策とは?初心者でもわかりやすいSEO対策の基本Q&A

MEO対策の実施

地域に密着した事業でもある不動産業では、MEO対策も大きなWeb集客につながる施策の一つです。

MEOは、Google Mapの検索結果で上位表示させるために最適化をはかることで、別名「ローカルSEO」とも呼ばれています。

ユーザーの現在地、あるいはユーザーが入力した地域名+業種などから最適な店舗の情報を表示するため、自社の周辺で今まさに不動産屋を探しているユーザーにピンポイントでアプローチを行うことができます。

そのため、MEO対策は、不動産事業を行う上では欠かせない集客方法となります。MEO対策については、以下のコラムで詳しくご紹介していますのでぜひあわせてお読みください。

あわせて読みたい
MEO対策は地域密着型の事業に最適!SEOとの違いとは?

リスティング広告の実施

リスティング広告は、Googleなどの検索結果の画面上部に表示される広告枠のことです。

ユーザーが検索エンジンで情報検索を行うと、検索結果ではWebサイトのURLの前に「広告」と表示されるため、見るとすぐに広告なのだとわかります。

リスティング広告は、検索されたキーワードと関連のある広告が表示されるため、まさに検索したキーワードの商品やサービスが欲しいと思っているユーザーにリーチすることができます。

そのため、ニーズが明確な顕在層にいち早くアプローチできるので、うまく活用することでWeb集客をしっかりと行うことができます。

リスティング広告のメリットは、SEOとは異なり、開始するとすぐに結果を出すことが出来ると言う点です。地名×物件名といったかたちで、ニーズに合っていて、なおかつよりピンポイントなキーワードを選択して出稿することで、今まさにその物件を探しているユーザーにリーチできます。

ただし、当然のことながら広告出稿料が発生しますので、SEOなどと並行して行うのが良いでしょう。

あわせて読みたい
SEOとリスティングどちらのほうがWeb集客に良いのか?

SNS広告の実施

SNS広告は、InstagramやFacebookなどのメディアに広告を出稿することです。

SNS広告は、リスティング広告とは異なり、まだ物件を具体的に探したり、不動産に関する情報検索にまでは至っていない潜在層に向けたアプローチとなります。

SNSは広告でありながらあまり広告という印象を与えず、ビジュアルとあわせて自然と訴求を行うことで、潜在層を顕在層に変えていくことができるという点です。

各媒体のユーザー特性を捉えつつ、訴求内容をしっかりと考えてアプローチしていくことで新たな顧客層の獲得につなげていくことができると言うことになります。

公式SNSの強化

公式SNSの強化とは、上記でご紹介したSNS広告とは異なり、自社で各SNSのアカウントを取得し、公式アカウントとして運営していくことです。

自社のアカウントで写真付で物件紹介をしたり、不動産物件を選ぶ際のポイントを紹介したりすることで、色々な情報を積極的に発信してくれる不動産会社だなと感じてもらえ、問い合わせしてみようという次のアクションにつなげていくことができるようになる場合があります。

また、自社のアカウントのフォロワーが増えていくと、様々な広告費をかけずとも自社の更新アカウントで十分にユーザーに対して宣伝をおこなっていくことができるようになるため、販促費の削減にもなります。

ただし、公式アカウントのフォロワーを増やしていくことも、SEO施策と同様に時間がかかりますし、継続して運用していく必要があります。そのため、他の広告出稿と並行して、運用を進めていくのがおすすめです。

物件情報配信メルマガの強化

メールマガジンは、今も昔もWeb集客には欠かせない媒体の一つです。

自社のメールマガジンに登録をしてくれたということは、何かしら自社の情報発信に期待してくれている、情報を送ってほしいと思っているからこそです。

そのため、情報次第ですぐに顧客になってくれる確率が高いと言えます。

メルマガ登録をしてもらうためには、一度はWebサイトのメルマガ登録画面に来てもらうことが必要となりますので、リスティング広告やSNS広告を出稿する際、あわせてメルマガの会員登録をしてもらえるようページの工夫を行いましょう。

そして、メルマガの会員登録をしてくれたユーザーには、期待に応えられるようしっかりと内容を吟味した情報配信を行うことで、配信ごとにWebに訪れてくれるようになり、やがて商品やサービスに利用をしてくれるようになるでしょう。

不動産会社のWeb集客を成功させるためのポイント、まとめ

不動産会社のWeb集客は、ライバルが多く難しい面もありますが、上記でご紹介したような成功させるためのおすすめWeb集客方法を着実に実践することで、効果があらわれてくるでしょう。

もしもWeb集客を行うための具体的に必要な知識を持ち合わせているメンバーがいないけれど、これから自社でWeb集客を行っていきたいと考えている場合は、ぜひソライルにご相談ください。

ソライルでは、これまで様々なWebサイトの集客に携わってきたノウハウを詰め込んだオンライン学習教材をご用意しています。

誰でもわかりやすくWeb集客について学ぶことができるため、Webに関する知識がないと言う方でもWeb集客に関する実践で使える知識をしっかりと身に着けることが可能です。
WebマーケティングやWeb集客を内製化したい中小企業の経営者の方、WEB制作会社の経営者、Webデザイナー、Webマーケティング担当者などからも好評を得ているのでおすすめです。

現状のホームページについて課題を感じているため相談したい、あらたにホームページを制作したいので相談したいなど、どのようなご相談でも大丈夫です。今、Web集客にお困りの方は、まずはお気軽にソライルまでお問い合わせください。

お問合せ