WEBコンサル

【初心者用】初めてのWeb集客の種類と成果を出すポイント

こんにちは、株式会社ソライル Web集客コンサルタントの波多野です。

せっかくホームページを立ち上げても、うまくWeb集客が出来ないと誰にも見てもらうことが出来ず、何の収益も生み出すことができません。しかし、Web集客に関する知識がない初心者の方だと、何からどのように行なえば良いのかわからないのは当然です。

Web集客は、初心者の方でもきちんと知識を得ることで少しずつ実践でも活用していくことができます。まずはWeb集客にはどのようなものがあるのか、また成果を出すためにはどのようなポイントをおさえておく必要があるのかなど、Web集客の基本について解説します。

また、ソライルではWeb集客の初心者の方でもしっかりと学んで実践に活かすことができるオンライン学習教材もご用意していますので、もしこのコラムを読んでもっと学んでみたいと思った場合はぜひお問い合わせください。

Web集客の種類を知ろう

Web集客といっても、実は様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。
そのため、それぞれどのような集客方法なのかを正しく理解し、自社の商材やサービス内容にあった方法を選んで実施していくことが重要です。

自然検索からの流入

自然検索からの流入の代表と言えるのが、SEOです。

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、GoogleやYahoo!の検索結果で自社のWebサイトを上位に表示させ、見込み客となるユーザーにクリックしてもらう機会を増やし、自社のWebサイトに訪問してもらえるよう行う対策のことです。

検索結果で1ページ目の、さらにより上の順位に表示されることで、多くのユーザーが自社のWebサイトに訪れてくれるようになるため、とても重要な対策と言えます。

SEO対策は、自社内で行えば無料で対策を講じることができますが、その対策を行うためにはSEOに関する様々な知識を身に着けること、そして継続して地道に対策し続けることなどが求められます。

しかし、時間がかかってもWeb集客には欠かせない対策であり、また、うまく対策を講じることができれば、広告費をかけずに自社の好きなタイミングで良質なユーザーを集客することができるようになるためやる価値は十分にあります。

SEO対策については下記コラムでご紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

あわせて読みたい
SEO対策とは?初心者でもわかりやすいSEO対策の基本Q&A

有料広告からの流入

SEO対策が軌道に乗るまで、もしくは、ピンポイントで訴求したいターゲットに向けて確実に目にしてもらえるよう施策を実行したい場合は有料広告がおすすめです。

Webの有料広告には、リスティング広告(検索連動型広告)、ディスプレイ広告、SNS広告などがありますが、最も有名なのはリスティング広告です。

リスティング広告は、Googleなどの検索結果の画面上部に表示される広告枠です。
検索結果ではWebサイトのURLの前に「広告」と表示されるため、見るとすぐに広告なのだとわかります。

リスティング広告は、検索されたキーワードと関連のある広告が表示されるため、まさに検索したキーワードの商品やサービスが欲しいと思っているユーザーにリーチすることができます。
そのため、ニーズが明確な顕在層にいち早くアプローチできるので、うまく活用することでWeb集客をしっかりと行うことができます。

ディスプレイ広告は、Webページ内に表示される画像付きの広告です。
Yahoo!JAPANのトップページ内で右上に表示されている画像も、ディスプレイ広告です。
リスティング広告との最大の違いは、画像で広告訴求ができるという点です。

SNS広告は、InstagramやYouTubeの動画の途中で配信される広告のことです。
こちらもそれぞれ画像や動画で広告訴求を行うことができるため、見ているユーザーにうまくハマればWeb集客につなげていくことができるでしょう。
ディスプレイ広告もSNS広告も、より具体的に画像を見せた方が効果がある商品の販売などに向いています。

有料広告は、自然検索とは異なり掲載開始やターゲット設定などを意図的に行うことができるため、実施の計画を立てやすいというメリットもあります。

SNSからの流入

SNSからの集客も欠かせません。

ここでいうSNSからの流入は、SNS広告のことではなく、自社で運営するInstagramやTwitter、YouTubeといったSNSメディアから無料で集客する方法です。

自社の公式アカウントのフォロワーが多ければ多いほど、Web集客に大きな影響を与えることが出来る上に、有料広告ではないため費用をかけることなく集客できるというメリットがあります。

しかし、最も重要となるフォロワーを増やすために、まずは公式アカウントを育てていく必要があるため、SEOと同様に最初のうちは時間をかける必要がありますし、その後も継続して運営し続け、ユーザーにとって意味のある情報発信を行うことが求められます。

また、SNSも利用するサービスにより、ユーザーの年齢層や性別といった属性が異なります。
そのため、自社の商品やサービスをどのようなターゲットに充てて発信していきたいのかを考え、そのターゲットにあったSNSに力を入れていくと良いでしょう。

ブックマークからの流入

ブックマークからの流入も、Web集客の一つです。

一度自社のWebサイトに訪れてくれ、その時に気に入ってくれたからこそブックマークしてくれているため、今後も定期的に訪れてもらえる可能性が高いのがブックマークの特徴です。
しかし、ブックマークはそう簡単にしてもらえるものではありません。

多くのユーザーは情報を欲しい時に欲しいタイミングで都度検索して見に行くため、ブックマークしてもらえるということは、よほど気に行ってもらえたということになります。

ユーザーにブックマークしてもらえるよう、いつもユーザー本位の情報発信を心がけ、良質なコンテンツ作りを行っていくことがブックマークを増やすコツです。

被リンクからの流入

被リンクとは、他社のWebサイトから自社のWebサイトへのリンクを貼ってもらうことです。

しかし、この場合は、双方の商品やサービスに関連性があること、被リンクを貼ってくれる他社のWebサイトの質が良いこと、人気サイトであることなどが重要です。
さらに意味のある被リンクからの流入が多いと、検索エンジンの評価が上がるためSEOにも少なからず良い影響を与えます。

被リンクを増やすためには、自社のWebコンテンツの質を上げること、知名度を上げることなどが必要となりますので、自然検索や有料広告、SNSでの発信などを地道に行っていくことで被リンクを貼ってもらえるようになる確率が高くなるでしょう。

メルマガからの流入

ひと昔前のWeb集客手法の代表と言えばメルマガでした。
一時は企業から毎日発信される内容のないメルマガに嫌気がさし、登録を解除したという経験のある方もいるでしょう。

現在のメルマガは多くの企業が見直しを行い、ユーザーごとに内容を変えたり、配信周期を見直したりすることで良質な内容のものが増えてきています。

メルマガに登録をしてくれるということは、ユーザーが自社の情報を欲しいと思ってくれていると言うことなので、メルマガ内容をしっかりと吟味し配信を行うことで、即商品購入やサービス利用につなげることができる重要なWeb集客手段と言えます。

また、当然のことながら無料で配信することができるため、広告費が一切かからないと言うのも大きなメリットです。

そのため、Webサイトにはメルマガの登録フォームを設置して、メルマガ登録会員を増やしていくことも、Web集客を拡大させるためには重要なのです。

自社ホームページに最適なWeb集客方法の選び方例

自社のホームページにどのようなWeb集客が合っているのかを正しく判断することが、Web集客を最大化させる上では重要と言えます。

ここでは、大きく3種類のホームページに分けて、それぞれの特徴に合わせたWeb集客方法の選び方についてご紹介します。

コーポレートサイトへのWeb集客

今や自社の顔とも言えるコーポレートサイトは、用意していない会社の方が少ないと言える時代です。
そのため、もしもコーポレートサイトがないと、その会社は本当は実在しない会社なのではないか、信用できないと思われてしまう場合もあります。

コーポレートサイトは、どのような会社なのか、運営者は誰なのか、どこにあるのか、何をしている会社なのかを知りたいユーザーが訪れてきます。
また、IR情報や採用情報など、会社にとって必要な情報を必要な相手に届けるための大切な発信ツールでもあります。

そのため、Web集客の方法は、どの内容をどのような相手に届けたいかで変わってきます。

例えば、採用情報を発信して有能な人員の採用を行いたいと言う場合は、採用しているポジションへの転職を探しているターゲットにアプローチを行う必要があるため、そういった相手にリーチできる検索キーワードでの有料広告への出稿などが適切です。

一方、短期的な採用情報の発信ではなく、年間を通じて自社のことを理解してもらい、適材適所にあった有能な人材を常時獲得していきたいと考えている場合は、自社で働く人材の働いている姿や取り組みなどに関するコンテンツを発信していくことで、会社の思想や働き方に共感する人材を獲得できるようになる場合もあるため、多少時間がかかったとしても継続的にコンテンツの充実を図っていくことが良い人材の獲得につながるWeb集客になります。

コーポレートサイトで誰に何を発信していきたいか、その結果、どのような効果を期待しているのかについてしっかりと考えてWeb集客を行うと良いでしょう。

ECサイトへのWeb集客

自社でECサイトを運営している場合は、該当する商品に関連したキーワードで検索を行う顕在層のユーザーにいかに早く、そして適切にリーチできるかが商品購入に繋げる鍵となります。

まだ自社のECサイトへの集客がほとんどできていないと言う場合、まずは有料広告を利用して、商品購入を促すと同時に、一人でも多くのユーザーに自社のECサイトの存在を知ってもらいましょう。
リスティング広告を利用しつつ、ターゲットに合うSNS広告も活用することで、今後自社のお客様となってもらえる可能性の高いユーザーにリーチしていくことが重要です。

また、並行してSEO対策SNSの公式アカウントを育てていくことも大切です。有料広告は出稿するたびに費用がかかります。
そのため、長い目で見たらいずれ費用がなくともWeb集客が出来るようになる可能性の高いSEOやSNSの対策を行っておいた方が、結果的に負担が少なくなるためです。

有料広告でWebサイトに来てくれたユーザーには、確実に自社の公式SNSアカウントをフォローしてもらったり、メルマガ登録をしてもらったり出来るようにあわせてページの整備を行いましょう。

オウンドメディアへのWeb集客

オウンドメディアとは、主に自社で運営するWebサイトやブログ、メールマガジンなどのことを指します。

特にここ数年は、自社の商品やサービス内容についてユーザーが求めている情報を発信するコンテンツを作成し、自社のファンになってくれるユーザーを増やし、結果的に商品購入やサービス利用につなげることに成功させている企業も多数あります。

有益な情報の発信を行うオウンドメディアは、ユーザーにとっては信頼できるWebサイトだという認識につながり、ひいては信頼できる商品あるいはサービスだと思ってもらえるようになることも少なくありません。

そのため、例えば商品を他者と比較することなく購入してくれるようになるといった相乗効果も期待できるため、取り組むメリットは大きいと言えます。

オウンドメディアでは、SEO対策とSNSの公式アカウントを強化していくことが重要です。
良い情報を発信し続けることがオウンドメディアの成長にもつながっていくため、即効性を求めず、計画的かつ継続的にコンテンツの作成を行っていきましょう。

あわせて読みたい
【厳選】オウンドメディアによる目的別の成功事例

Web集客で成果を出すためのポイント

Web集客には様々な種類があることはご紹介したとおりですが、いずれの場合も成果を出すためのポイントは同じです。
特に重要なポイントについて、3つご紹介します。

自社のターゲットを知る

どのようなWeb集客を行うにしても、自社の商品やサービスを利用してもらうターゲットのことを理解することが、Web集客の基本です。

有料広告では、年齢や性別、さらには居住地や利用している携帯電話の種別など、様々な属性を絞って配信を行うことができるため、自社のターゲットを正しく理解できていればいるほど、適切な広告配信を行うことができます。

ターゲットとならないユーザーに配信をして、無意味なクリックを増やしてしまうと、その分コストだけがかさんでしまい赤字となってしまうこともあります。

そのため、自社のターゲットとなるユーザーを正しく把握したうえでWeb集客を行うことが成果を出すためには重要なのです。

達成したいゴールを明確にする

Web集客では、最終的にどのようなゴールを目指して行うのかを明確にすることも大切です。

ゴール設定がなければ、どの媒体でどの程度の集客を達成したいのか、いくらの売上を達成したいのかがあいまいになるため、何にいくらの費用をかければ良いのか、どのくらいの期間実施すべきなのかといったことも不明確となり、現状行っているWeb集客は効果が出ているのか、うまくいっていないのかといった判断も正確にできません。

ゴールを明確にすることで、実施しているWeb集客の成果判断がしやすくなり、次につなげていきやすくなるのです。

進捗の確認と改善を継続し続ける

Web集客は開始したらそれで終わりではありません。

Web集客は日々成果の進捗を確認し、目標に追いついていないものは出来るだけ早く改善をしていくことが重要です。

また、SEOやSNSなどは継続してコンテンツを作成し続けること、良質な情報を発信し続けることが何よりも大切です。それにより、積み上げてきた努力が実を結び、やがて大きな成果へと繋がっていくのです。

【初心者用】初めてのWeb集客の種類と成果を出すポイント、まとめ

Web集客について良く知らないと言う初心者の方は、様々な種類があるためとまどうことも多いでしょう。しかし、自社のサイトを運営していく上で、Web集客は欠かせません。

もしも現状社内にホームページを活用するために必要な知識を持ち合わせているメンバーがいないけれど、これから自社でWeb集客を行っていきたいと考えている場合は、ぜひソライルにご相談ください。

ソライルでは、これまで様々なWebサイトの集客に携わってきたノウハウを詰め込んだオンライン学習教材をご用意しています。

誰でもわかりやすくWeb集客について学ぶことができるため、Webに関する知識がないと言う方でもWeb集客に関する実践で使える知識をしっかりと身に着けることが可能です。
WebマーケティングやWeb集客を内製化したい中小企業の経営者の方、WEB制作会社の経営者、Webデザイナー、Webマーケティング担当者などからも好評を得ているのでおすすめです。

現状のホームページについて課題を感じているため相談したい、あらたにホームページを制作したいので相談したいなど、どのようなご相談でも大丈夫です。まずはお気軽にソライルまでお問い合わせください。

お問合せ