【厳選】無料で使える!Webサイト診断ツール

こんにちは。株式会社ソライル、Webコンサルタントの波多野です。

自社のWebサイトがなかなか思うような成果をあげられていない場合、どんなところに原因があるのか気になる方は多いのではないでしょうか。

Webサイトの知識がないと、なかなか自分自身でチェックを行うのが難しいと感じるかもしれませんが、簡単な診断であれば簡易的なWebサイト診断ツールを使って確認することができます。

ここでは、Webサイト診断ツールを使う目的と、目的ごとにあった無料の診断ツールをご紹介します。

また、早く診断結果を知りたい、あるいは専門家の意見も聞いてより本格的にWebサイトの診断を行ってみたいという方におすすめの方法もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

Webサイト診断ツールを使う目的

Webサイト診断ツールと言っても、その目的や使用方法は様々です。
ただやみくもに診断をおこなっても、時間の無駄となるだけです。
使用することにより、どのようなことがわかるのかを知ったうえで、利用することが大切です。

SEOチェック

サイトのアクセス数を増やすために、SEOはとても重要です。

ただ、SEOと一言で言っても、対策内容は多岐にわたるため、その分診断内容も様々です。

キーワードのアクセス状況やサイト内部の診断、被リンク調査など、知りたい内容によってSEOについてのWebサイト診断ツールを使い分ける必要があるので、初心者には少し難易度が高い部分もあります。

最初は、Webサイト内部のSEO対策で必要な項目を機械的にチェックする診断ツールを使ってみるところから始めるのが良いでしょう。

ユーザビリティー(使いやすさ)のチェック

ユーザーがサイトに訪れた時の使い勝手が良いかどうかのチェックを行います。
ページの表示速度やリンク切れなどのチェックも、ユーザビリティーチェックの一種です。
特にここ数年は、PCでサイトを見るよりもモバイルでサイトを見るユーザーのほうが多い現状があるため、PCとモバイルそれぞれのユーザビリティーチェックも必要となっています。
使い勝手の悪いサイトではユーザーはすぐに離脱して他のサイトへ行ってしまうので、とても重要なチェック内容の一つと言えます。

セキュリティチェック

セキュリティチェックを怠ると、自社Webサイトをハッキングされ、大切な顧客情報を流出してしまう可能性があり、会社としての信頼度を失いかねません。

特にWordPressなどオープンソースのシステムを利用してサイト構築をしている場合、その脆弱性をついて攻撃されやすいため、システムのアップデート時はもちろん、それ以外でもセキュリティ診断は一定期間ごとに行う必要があります。

これまでご依頼頂いたお客様の中には、セキュリティチェックを怠ったために、サイトをハッキングされてしまい、それまで何年もかけて作り上げてきたサイトが全て見れなくなってしまったという事例があります。弊社にご相談頂いたのは、すでにハッキングされてしまった後だったため、時すでに遅しでした。こうなってしまう前に、しっかりとセキュリティ対策をしておくことが重要です。

無料で使える!Webサイト診断ツール紹介

数多くあるWebサイト診断ツールですが、ここでは簡単に無料で利用できるツールを目的ごとにいくつかご紹介します。

SEOの総合診断ツール

SEOチェキ! 無料で使えるSEOツール(無料)

SEOに関する基本的な項目を無料でチェックできる便利なツールです。
無料診断とあわせて、検索順位チェックやキーワード出現率なども確認できる優秀なチェックツールなので、ぜひ使ってみてください。

【基本チェック項目】
title・meta description・meta keywords・h1タグ
発リンク数(内部リンク・外部リンク)
最終更新日時・ファイルサイズ・読込時間
Alexaランキング
Google・Yahoo!のインデックス数
利用ホスト
ドメインの登録年月日
Facebookの「いいね!」の数
ソーシャルブックマーク登録数

【追加チェック項目】
検索順位
キーワード出現頻度
発リンク一覧
Whois情報
HTTPヘッダ情報

ユーザビリティー(使いやすさ)診断ツール

PageSpeed Insights(無料)

URLを送信するだけで、Webサイトの表示速度を診断できます。

評価スコアは0~100で表示され、100に近いほど優秀といえます。

ページ内部の構造が悪かったり、画像が重すぎたりする場合、ページの表示速度は遅くなります。

問題点を確認して改善をすることで、劇的に表示速度が変わるのでチェックしてみましょう。


モバイルフレンドリーテスト(無料)

URLを送信するだけで、モバイルサイトのユーザビリティーに関する評価を検出できます。

画面幅がスマートフォンにあったサイズに調整されておらず見づらかったり、文字サイズが小さくスマートフォンで読みにくかったりといった内容から、リンクをタップしにくいなど様々な問題点を確認でき便利です。

セキュリティ診断ツール

gred(無料)

Firefox(WEBブラウザ)やThunderbird(無料メールソフト)を提供していることで有名なMozillaが公開している無料でセキュリティ診断が出来るサイトです。

URLを送信するだけで、不審なプログラムなどが存在しないか等、WEBサイトの安全性を確認することができます。もしも不審なプログラムが検出された場合は、詳細な解析結果を確認することもできます。

診断結果を正しく理解しないと危険な場合もある

機械的に行う診断結果は便利な反面、使い方を間違えると危険な場合もあります。

特にSEO診断ツールは基本的には初心者向けの簡易的なツールなので、サイトの診断結果を鵜呑みにして改善を行った結果、Googleからの評価が下がってしまうということもあります。

Webサイトについての知識が低い場合、診断結果を一気に反映してしまうよりは、一つずつ効果検証をおこないながら反映していくことをおすすめします。

診断内容ごとに使うツールが異なるので、確実性重視ならプロに頼む

Webサイトの診断は、何か課題や問題を認識した時、それにあわせた診断を行うほうが効率が良く、より良い結果を生みやすいと言えますが、やはり素人ではなかなか適切な対応をすることができません。

その点、プロに依頼をすると、抱えている課題にあわせて診断をおこなうため、内容も適切です。

また、Webサイト診断をおこなったら、そのあと実際にサイトに反映していくことも重要です。

抱えている課題をいち早く解決して、早めに、そして確実にWebサイトの効果をあげていきたい場合には、プロのサイト診断に任せるのも選択肢のひとつとして考えましょう。

Webサイト診断して改善してみたけど成果が出ないとき

実際に自分でWebサイト診断ツールを利用して改善をしてみたものの、思うように成果が出ない場合や、やはり自分でやるには自信も時間もないためプロに任せたいという場合は、ぜひソライルにご相談ください。

ソライルでは、現在抱えている悩みや課題を確認したうえで、エンドユーザー目線(年代別、性別など)とプロからの視点(デザイン面、技術面、マーケティング・セールス面など)といった、複数の視点からそのサイトに必要だと考えられる45項目以上の内容でオリジナルのサイト診断を行います。

これは、診断すべき内容が、サイトの状態や課題によって異なるためです。

また、サイト診断結果は誰が見ても理解しやすいように、画面キャプチャを入れながらわかりやすく丁寧に解説していますので、自分自身で診断結果をサイトに反映していきたいという場合でも安心です。

もちろん、サイトへの反映まで対応してほしいというご要望があれば、引き続き最後まで対応させていただきます。

ソライルのWebサイト診断が気になったら、ぜひ下記もあわせてご覧ください。

あわせて読みたい
「ソライル」のWebサイト診断がおすすめの理由

【厳選】無料で使える!Webサイト診断ツールまとめ

無料で使える!Webサイト診断ツールについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

自社で運営しているサイトの状態が気になった時、簡易的に確認するためには、Webサイト診断の活用はとても役に立ちます。
また、自分自身の知識の植え付けにもなるので、積極的に活用してみましょう。

しかし、Webサイトが自社の売り上げに大きく影響する場合などは、機会損失を少しでも早くなくすために、プロのWebサイト診断を利用するのがおすすめです。

ソライルでは、Webサイトの規模に関わらず、Webサイトについて困っていることがあればご相談にのります。
Webサイトに関する知識をもっていなくても大丈夫、そもそもどうすればいいかわからないという方でも、まずはお気軽にご連絡ください。

お問合せ