WEBコンサル

【すぐできる】WordPressの投稿方法を簡単に解説

こんにちは。株式会社ソライル、Webコンサルタントの神崎です。

WordPressは使ったことがないとどこから触ればいいのか難しく感じるかもしれませんが、一度覚えてしまえば誰でも簡単に記事の投稿ができるようになります。

ここでは、WordPressの中で特によく使うことの多い記事投稿方法や、画像のアップロードの仕方などについてご紹介します。

WordPressで記事や画像の投稿方法

それではさっそく記事の投稿方法について解説していきます。

WordPressの管理画面にログインする

WordPressの管理画面にアクセスし、「ユーザー名またはメールアドレス」「パスワード」を入力してログインします。

記事作成ページを開く

WordPressにログインをしたら、左メニューの「投稿」内にある「新規追加」をクリックします。
すると、記事を新たに投稿できる画面が表示されます。
ここから投稿スタートです。

タイトルを入力する

ページの「タイトル」を入力します。

①ページ左側の「投稿」>「新規追加」を選択
②ページ中央の「タイトルを追加」と記載されているテキストボックスをクリック
③入力したい文字を入れる
④「Enter」を押す

タイトルは、ページを検索結果で上位表示させるためにどのようなワードを入れるかがとても重要です。
適当ワードで作成しても上位表示は永遠にしませんし、わかりにくいタイトルを入れるとユーザーには何のページか伝わらず永遠にクリックされません。

タイトルは、

・何を説明しているページなのかが明確にわかるタイトルにする
・検索されているSEOキーワードを意識する
・文字数を全角30文字程度におさめる

という点をしっかりとおさえてつけるように心がけましょう。

本文を入力する

本文を入力

中央部のテキスト枠に内容を入力します。
あらかじめテキストエディタなどで文章を作成していた場合は、そちらをコピーペーストすることもできます。

見出し設定

h2、h3といった見出しは、中央部にある「段落」から選択することができます。

①見出しにしたい文字を選択する
②「段落」から設定したい見出しタグを選ぶ

内容ごとに見出しをうまく使い、ユーザーにわかりやすく配置していきます。
また見出しタグを正しく使うと検索エンジンがページの内容を理解しやすくなり、検索結果の上位に表示させることにも役立ちます。
見出しの使い方はサイト内で統一しましょう。

文字装飾

文字に色を付けたり、太字にしたりといった文字装飾も、中央部にあるパレットから変更できます。基本的にはWORDと同じ使い方です。

①装飾したい文字を選択する
②「スタイル」「A」「B」などから好きな装飾を選ぶ

改行と段落

単純に文字を改行する場合は、「Shift+Enter」、
段落をわけたい場合は、「Enter」のみを押してください。

同じ内容について記載している途中で、単に読みやすくするためであれば改行を使い、話を転換させたり、主題が異なるものについて記載したりする場合は段落を使うのが一般的です。

画像を挿入する

ページ内で画像を使う場合に設定します。

①「メディアを追加」をクリック
②すでに使用したい画像がアップしてある場合は、表示された画像一覧の中から使用したい画像を選択→右下の「投稿に挿入」をクリック
画像をあらたにアップして使用したい場合は、左上の「ファイルをアップロード」を選択→「ファイルを選択」で使用したい画像を選びアップロードする→右下の「投稿に挿入」をクリック

リンクを貼る

サイト内の他ページに遷移させたり、外部サイトに遷移させたりしたい場合にリンクを設定することができます。

①リンクを貼りたいテキストを選択
②鎖マークをクリックして、遷移させたい先のURLを入力

鎖マークをクリックしたときに表示される歯車マークをクリックすると、さらにリンクの詳細設定をおこなうことができます。
例えばリンク先のページを、新しいタブで開きたいときはこちらで設定しましょう。

ディスクリプションを入力する

ページ下部の「説明」で、ディスクリプションを設定することができます。

ディスクリプションは、ユーザーが検索をおこなったときに表示される検索結果の中で、何について書かれているページなのかの説明文として表示されるものです。タイトルと同じく、ユーザーがクリックしてみてくれるかどうかはこのディスクリプションの内容に左右される場合もあるので、わかりやすい文章で最大160文字以内で作成しましょう。

入力した内容を保存する

入力が終わったら、内容を保存します。

①右カラム一番上の「下書き保存」をクリック

これでこれまで入力した内容が保存されますが、この時点ではまだ公開はされていません。

投稿内容をプレビューで確認する

入力した内容を、公開されたときと同じ表示形式で確認することができます。

①右カラム一番上の「プレビュー」をクリック

内容に誤りがないかプレビューで確認をおこない、修正したい場所があれば、入力時と同じように文字を打ち直せばOKです。
修正をしたら必ず再度「下書き保存」をすることを忘れないようにしましょう。

公開する

すべてに入力が完了し問題なければ公開します。

①右カラム「公開」をクリック

これで、サイトにページが公開されました。

もしもページを誤って公開してしまい、再度非公開にしたい場合は、下記手順で非公開に変更できます。
①公開ボタンの少し上にある「公開状態: 公開 編集」の「編集」リンク部分をクリック
②「非公開」のラジオボタンにチェックを入れる
③「OK」を選択

WordPressの投稿と固定ページの違い

ここまでは一般的によく使う「投稿」機能をつかった記事編集の方法について解説してきましたが、実はWordPressの基本的なページ機能として、「投稿」のほかに、「固定ページ」があります。
それぞれ作成したい記事の種類によって使い分けを行うのが一般的なので、知識として持っておくと良いでしょう。

投稿

WordPressの中にある「投稿」は、一般的にはブログのような記事を書く際に使用されます。
記事を書いて投稿すると、投稿一覧ページに時系列順で記事一覧が表示されるため、常に最新の情報をキャッチしやすいというメリットがあります。

「投稿」に向いているページの種類
・ブログ・コラム
・ニュース
・お知らせなどの情報
など

固定ページ

「固定ページ」も「投稿」と同様にページを作成できる機能ですが、一般的には日々新しい情報をお知らせしていく内容よりも、固定的に継続表示しておきたい内容について作成したい場合に利用します。
固定ページで作成した場合は、投稿のように時系列で一覧表示されることはありません。
そのためグローバルメニューなど、固定的に常に提示しておきたいページを作成する場合に向いています。

また、「固定ページ」はページ間で親子関係をもたせることができます。
たとえば「採用ページ」を作成した場合、その下に「新卒採用」「中途採用」といった関連ページを作成するイメージです。これは「投稿」機能では行うことができませんので、こういったページの作成を行いたい場合は管理面から考えても「固定ページ」で作成するのが良いでしょう。

「固定ページ」に向いているページの種類
・トップページ
・会社情報
・採用情報
・お問い合わせ
・アクセス
など

【すぐできる】WordPressの投稿方法を簡単に解説まとめ

WordPressの投稿方法を簡単に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

WordPressの投稿方法は、インストールしているWordPressのバージョンにもより異なります。
使い方がわからない場合や、新しいバージョンにアップデートしたいなど、WordPressに関することで対応したいことがあれば、ぜひソライルにご相談ください。

お問合せ