WordPress保守とは。必要な理由や費用相場、おすすめの業者を全て解説

  • WordPress

記事の監修

IT・WEB集客の専門家

波多野 明仁(Akihito Hatano)

WEB業界歴20年。学生時代に50サイトの制作・運営を行い収益化を達成。その後、ITシステム開発会社にてSEを6年間経験し独立。東証プライム企業をはじめ2,000サイト以上を改善してきた実績あり。自社メディアの制作・運営で培ったアクセスアップのノウハウをクライアント企業のWEB集客に活かし、日々活躍中。1年でアクセス数が715倍に増加した企業や、売上が25倍に増加した企業など、法人クライアントの実績多数。

こんにちは、株式会社ソライル WEB集客コンサルタントの波多野です。

Webサイトを安定した状態で運用し続けるために欠かせない「WordPress保守」

「本当にWordPress保守って必要なの?」「具体的なサービス内容が知りたい」など、様々な疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、WordPress保守の概要や具体的なサービス内容、必要な理由や費用相場などをお話します。

記事の後半では、WordPress保守を検討されている方におすすめの業者もご紹介していますので、参考にしてみてください。

WordPress保守とは

WordPress保守とは、WordPressで作られたWebサイトを継続的に正常な状態に保ち続けるための作業です。

Webサイト運用に不具合を起こさず、ユーザーが安心して閲覧できるように、サーバーやドメインの管理・セキュリティ管理・アップデートなど様々な作業が必要になります。

しっかりとしたWordPress保守を行なわなかったことで、サイバー攻撃の被害を受けてしまい「急にWebサイトを見れなくなった…」なんてケースは珍しくありません。

WordPress保守は専門知識が求められる分野なので、プロの業者に任せるのが一般的です。

WordPress・WEBサイトの保守って何をするの?保守契約は必要?

WordPress保守は必要!理由3選

「WordPress保守って本当に必要なの?」と感じた方は、ぜひ以下3つの理由をご覧ください。

  • ・WordPressはサイバー攻撃されやすいため
  • ・Webサイトの運用を安定させられるため
  • ・アップデートを定期的に行う必要があるため

こちらでは、WordPress保守をしなければいけない上記3つの理由についてお話します。

WordPressはサイバー攻撃されやすいため

WordPressは、使用しているユーザー数が多いからこそ、サイバー攻撃されやすいといわれています。

ユーザー数が多いと、例えば1つのプラグインが標的となった場合、同じプラグインを使っているたくさんの人が被害に遭うことに。

つまり、攻撃側にとっては、シェア率の高いWordPressを狙うことは効率が良いのです。

また、WordPressはプログラムの内容が公開されていることからも、適切なWordPress保守をしていないと不正利用される可能性が高まります。

サイバー攻撃から早く復旧するには?頼るべき業者や自社でできる対策を紹介

Webサイトの運用を安定させられるため

Webサイトの運用を安定させるためにも、WordPress保守は必要不可欠です。

WordPress保守サービスを利用すれば、運用を継続するために必須のサーバーやドメインの更新を行ってもらえたり、トラブルが起きたとき即座に対処してもらえたりなど、良い状態のまま運用することができます。

サイバー攻撃以外にも、Webサイトの動作が不安定になることはあり得るもの。

そんなとき、業者にWordPress保守を依頼していれば、すぐに復旧することが可能です。

アップデートを定期的に行う必要があるため

WordPress保守が必要な理由として、WordPressのアップデートを定期的に行わなければいけない点も挙げられます。

アップデートを行なわなければ、テーマの表示が崩れたり、投稿中にエラーが発生したりなどのバグが発生することも

さらに、脆弱性が生じてサイバー攻撃の対象にされやすくなる場合もあります。

ただ、アップデートを行う際に不具合が起こるケースも考えられるため、自社のみで行うにはリスクが付きものです。

WordPress保守サービスを利用して、定期的にバックアップを取ってもらい、アップデートでトラブルが起きたときも対処してもらえれば安心ですね。

WordPress保守サービスの内容

WordPress保守サービスの具体的な内容として、弊社「株式会社ソライル」がご提供している以下7種類をご紹介します。

  • ・サーバー管理
  • ・ドメイン管理
  • ・セキュリティ管理
  • ・WordPressアップデート・維持管理
  • ・WordPressプラグイン管理
  • ・定期バックアップ
  • ・Webコンテンツ編集

それぞれの内容について解説していきましょう。

サーバー管理

サーバーとは、ホームページなどの情報を保管したり提供したりする情報の保管庫です。

Webサイトを「家」に例えた場合、サーバーは「家を建てる土地」と考えればわかりやすいかもしれません。

サーバー管理は、このサーバーに関する様々な情報を管理するサービスです。

弊社契約サーバーの場合、毎月のサーバー代金および、サーバーの契約更新作業も含まれます。

サーバーの情報がわからなくなったり更新が滞ったりすれば、Webサイトにログインできなくなる可能性があるので、頼んでおきたいサービスでしょう。

ドメイン管理

ドメインとは、WebサイトにおけるURLの一部です。

例えば、当メディアのURLは「https://sorairu.co.jp/」なので、ドメインは「sorairu.co.jp」となります。

Webサイトを「家」と考えた場合、ドメインは「住所」の役割を果たすものと捉えてみてください。

サーバー管理と同様に、情報を紛失したり更新を忘れたりした際は、二度と同じWebサイトを運用できなくなるケースもあるので、とても重要なサービスです。

弊社では、ドメイン取得会社サービスサイトのログインID、パスワード等のアカウント情報を管理いたします。

弊社が取得代行したドメインの場合、毎年のドメイン費用とドメインの契約更新作業も含まれます。

セキュリティ管理

セキュリティ管理とは、サイバー攻撃から身を守るために、サーバーのセキュリティ強化設定を行うサービスです。

セキュリティ管理を行なっていなかったことで、Webサイトが改ざんされたり個人情報が流出したりなど、毎年多くの被害が出ているので、安全に運用していくために欠かせないサービスでしょう。

弊社では、専門のセキュリティソフトにて監視し、アラートが起きた場合は原因調査及び対策をいたします。

IT情報処理の国家資格を複数取得している代表自らが全ての案件に対応していますので、お気軽にご相談ください。

ホームページ/WEBサイトの保守・運用管理

お問合せはこちら

WordPressアップデート・維持管理

WordPressアップデート・維持管理は、Wordpressのアップデートや、作業時に不具合が発生しないように管理するサービスです。

WordPressをアップデートすることは、セキュリティ対策や操作バグの予防につながるうえ、改善・追加された機能が使えるメリットがあります。

一方、プログラムの中身を変更することを意味するアップデートだからこそ、場合によってはエラーが起こることも

弊社では、万が一アップグレード作業により発生した不具合は無償で修正し、状況によりダウングレードにも対応いたします。

WordPressプラグイン管理

WordPressプラグインとは、WordPressにおける既存の機能やテーマでは補えない機能を、追加・拡張できるツールです。

WordPressプラグイン管理サービスでは、セキュリティの惰弱性などをふまえたうえで、プラグインのバージョン管理を行います。

プラグインを更新しなければ、サイバー攻撃の標的とされる可能性があるうえ、正常に動作せずバグやエラーが発生しがちです。

WordPressと同じく、更新時にトラブルが発生するケースもあるため、業者に任せるのがおすすめでしょう。

定期バックアップ

定期バックアップでは、Webサーバー内および、データベースのバックアップを行います。

バックアップをしておけば、各データを保管することができるので、万が一Webサイトが動作しなくなっても元の状態に戻すことが可能です。

弊社のサービスは、基本的に月に1回、3世代までとなりますが、頻度や世代数はご希望に応じてご相談いただけます。

Webコンテンツ編集

Webコンテンツ編集とは、静的コンテンツ(HTML・CSS)、動的コンテンツ(PHP、JavaScript等)、画像ファイル(JPG,PNG,GIF等)の編集を代行させていただくサービスです。

「成果の出るWebサイトを作りたいけど、具体的にどうすれば良いのかわからない」という方は、Webマーケティングのプロにコンテンツ編集を任せてみてはいかがでしょうか。

ソライルでは、19年間のWebコンサルティングに基づく成功確度の高い施策提案を、完全オーダーメイドでご提供しているサービスもございます。

こちらのWeb集客コンサルティングサービスに関するページにて、詳しい内容を確認してみてください。

WordPress保守サービスの費用相場

WordPress保守サービスの費用相場は、初期費用が2〜3万円、月額費用では3〜4万円を目安にしてみましょう。

ただ、費用はサービス範囲やWebサイトの規模、制作会社によってそれぞれ異なります。

初期費用0円など、良心的な価格設定をしているところもあるので、気になる業者は一度問い合わせてみると良いでしょう。

WordPress保守は自分でできる?

WordPress保守は、自分で行うより業者に任せるのがおすすめです

先ほどご紹介したように、WordPress保守の内容は多岐にわたるため、通常業務に加えて対応するのは担当者にとても負担がかかります

また、WordPress保守がしっかりできていなければ、サイバー攻撃の対象とされ、ユーザーや取引先からの信頼性を失ったり訴訟問題に発展したりすることも。

安全管理面を考慮すると、可能な限り業者を頼るのが安心です。

WordPress保守を委託したい!業者の選び方

「WordPress保守を委託したい」と感じた方は、ぜひ以下4つのポイントを押さえて業者を選んでみましょう。

  • ・復旧対応は早いか
  • ・サポート対応は丁寧か
  • ・豊富な実績があるか
  • ・納得できる予算か

こちらからは、WordPress保守業者の選び方4選をご紹介します。

復旧対応は早いか

万が一のことを考えて、トラブルが起きた後にすぐ復旧対応をしてくれる業者を選びましょう。

技術力のない業者の場合、復旧に1週間〜1ヶ月以上かかることもあるので、短時間で復旧した実績のあるところを見つけてみてください。

弊社では、他の業者様に依頼後1ヶ月近く経っても復旧されなかったお客様のWebサイトを、バックアップデータがない状態から、わずか1日(24時間)で復旧させていただいた実績があります。

誤った業者を選ぶと、不具合が起きたときに大きな被害にもつながるので、注意しましょう。

サポート対応は丁寧か

「親身になって対応してくれるか」といったように、お客様の声などを参考にしながら、サポート対応の丁寧さについても着眼してみましょう。

オンライン会議にも対応しているところなら、遠方の場合でも安心です。

豊富な実績があるか

WordPress保守に関して、豊富な実績があるかも意識したいところです。

担当者がしっかりと専門知識を持っているか、ホームページで確認してみてください。

さらに、Webマーケティングに関する豊富な実績があれば、成果を出すWebサイト運用も叶えられるでしょう。

納得できる予算か

サービス内容と費用を確認して、納得できる予算かどうかもチェックしてみましょう。

どんなに良いサービスでも、相場よりはるかに上回っている場合は、再検討してみるのも良いかもしれません。

気になる業者は一度問い合わせて、サービス内容について詳しく聞いてみるのもおすすめです。

WordPress保守をしたい方は「株式会社ソライル」がおすすめ!

ホームページ保守・運用管理担当スタッフのご紹介

WordPress保守を考えている方は、「株式会社ソライル」にお任せください!

インターネット業界歴20年以上、口コミでお客様を獲得し続けている弊社は、サイバー攻撃からのWebサイト復旧を全て24時間以内に完了しています。

Webアプリケーション開発職出身の代表自ら手を動かし守りの保守と成果を出す攻めのWebマーケティングをふまえたうえで、ご要望に沿ったご提案させていただきます。

緊急の場合は土日にも対応しておりますので、WordPress保守でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ホームページ/WEBサイトの保守・運用管理

お問合せはこちら

WordPress保守、まとめ

今回は、WordPress保守の概要や具体的なサービス内容、必要な理由や費用相場などをお話しました。

WordPress保守は、Webサイトを継続的に正常な状態に保ち続けるために必要な作業です。

専門性を求められるマニアックな分野なので、「自社サイトの安全面が不安だけど、何をすれば良いのかわからない…」とお悩みの方はぜひソライルにご相談ください。

お問合せはこちら

Web集客コンサルブログ一覧

初回のご相談は無料です。
私たちが直接対応いたします。

無料お問い合わせする

ご相談・お問い合わせ

ホームページやWebサイトのことでお悩みがある方は、
些細なことでもお気軽にご相談ください。

オンライン会議にも対応していますので、
遠方の方のご相談も承っております。

無料お問い合わせする