WEBコンサル

Web制作でのお困りごとは、ご相談を【相談事項チェック項目】

こんにちは、株式会社ソライル WEB集客コンサルタントの波多野です。

これからWebサイトを立ち上げたいと考えている、あるいは、すでにWebサイトを運営しているが、課題があるため改めて制作を相談したいと考えているなど、ソライルにもお問合せをいただくことが増えています。

そんな、Webサイトの制作について相談を行いたいと思った時、「どこに相談すればよいか分からない」、あるいはWebサイトに関する知識が無いため、「どのように相談すればよいかが分からない」と悩む方も多いようです。

そのような方々のために、今回は、Webサイトの相談を行なう際にあらかじめチェックしておくと良い事項や、Webサイトの相談を行う制作会社の選び方についてご紹介していきたいと思います。

Web制作でよくある相談内容

Web制作の相談には、単にWebサイトを新しくしたい、あるいは新たに立ち上げたいというものだけではなく、よくよくヒアリングを行うとその奥には様々な相談内容が隠されていることがあります。

Web制作を行う際には、そういった根本的な課題まで掘り下げて相談を行うことが重要です。実際にWeb制作の相談を行う際に、どのようなことで困っているお客様が多いのかをご紹介します。

・Webサイトを制作したいが、どのような内容にすれば良いかがわからない
・Webサイトを持っているが、まったく活用ができていない
・Webサイトのアクセス数が少ないので、集客できるサイトに制作しなおしたい
・Web制作を依頼したいが、どのくらいの予算で考えればよいかわからない
・現状あるWebサイトの問題点を洗い出し、制作しなおしたい
・売上を上げることができるWebサイトの制作を相談したい
・競合サイトに勝つWebサイトの提案をしてほしい
・今の制作会社と合わないのでスイッチする相談をしたい
など

Webサイトの制作相談は、具体的にこうしたいというイメージがついている場合もあれば、何か問題があることはわかっているが具体的にどうしたら良いか解決策がわからないという場合も多いと言えます。

Webの専門家でない限り、どうしたら解決できるかまではわからないのは当然だと思います。まずは現状課題に感じていること、悩んでいることを整理し、Web制作の相談を行うのが良いでしょう。

あわせて読みたい
失敗しないホームページのリニューアル手順と改修ポイント

Web制作の相談事項チェック項目

Web制作の相談を制作会社に行う場合は、事前に自分自身でも整理をしておいたほうが話がスムーズに進みやすいだけでなく、現状課題に感じていることが明確になるためおすすめです。

具体的に、どのような内容について整理しておくのが良いかを、項目ごとにご紹介しますので、ぜひ自社のWebサイトに当てはめてチェックしてみてください。

新規でWeb制作をするのか、既存のWebサイトがあるのか

既に自社で運営しているWebサイトがあるのか、あるいは全くの新規でWeb制作の相談をしたいのかよって、Web制作の相談内容は変わってきます。

もしも既に運営しているWebサイトがある場合は、

・どのようなシステムを利用しているのか(例えばWordPressで作成したものか、それ以外のCMS、あるいはCMSなどを利用せずに制作したものかなど)
・どこのサーバーを利用しているのか、保守・管理は誰がどのように行っているのか、アクセス数やCVなどWebサイトとしての評価はどうなっているか

といったような現状のWebサイトに関する情報もあったほうが相談がスムーズです。ただ、これも良く分からないと仰るお客様も多いですので、もしご不明な点はご依頼時にご相談頂ければと思います。

既存のWebサイトがある場合は現状課題に感じている問題点

もしも既存のWebサイトがあるのであれば、Web制作の相談を行いたいと考える理由は何かしら課題や要望があるからでしょう。

どのような課題を持っているのかなど、問題点についてできうる限り書き出してみてください。

書き出してみることで、個々の問題だと思っていた課題の原因が、意外と繋がっている内容であることは少なくないため、解決することに役立ちます。

内容の書き出しは綺麗に整理されている必要はありません。箇条書きでも良いので、出来るだけ全て出し切ることが大切です。

あわせて読みたい
Web集客コンサルタントが解説するわかりやすい集客方法

Webサイトの目的と達成したい目標

Webサイトの制作を相談する上でとても重要なのは、制作を行う目的と達成したい目標を明確にすることです。

なぜなら、依頼者側と制作者側で共通認識としてもっておくことで、より良いWebサイトの制作に役立つからです。

特に、既にWebサイトを運営していてそこに課題を感じあらためて制作相談をしたいと考えている場合は、現状課題に対してなぜそれを課題と感じるのか、どこを目標に進めていきたいのかを明確にすることで、希望に沿ったWebサイトの制作を行うことができるでしょう。

どのようなWebサイトにしたいのかデザインや使い勝手のイメージ

Webサイトは、目的やゴールを達成するためにどのような設計にするかが重要ですが、それと同じくらい、ユーザー、そして実際に運営する側の運営担当者にとって使い勝手が良く、またわかりやすいデザインであることも大切です。

もしもWebサイトの制作相談を行なう際に、具体的にこういったイメージしたいとか、こういう使い勝手が欲しいといったような希望があれば遠慮なく伝えましょう。例えば他社のWebサイトで自分の理想に近いものがあれば、参考として提示すると伝わりやすくおすすめです。

ただ、デザインで一点注意したいのは、ただかっこいいという理由だけで真似をすることです。人それぞれデザインの好みはあるため、それ自体は決して悪いことではありませんが、真似ることに固執しすぎてユーザーを無視したデザインや使い勝手にしてしまうと、思うような効果が出ずに後悔することになる場合もあるのです。

あわせて読みたい
センスの良いホームページを作るポイント

Webサイトの納期・公開希望時期

Webサイトの制作を行なう際は、いつ頃公開したいかもあわせて相談しましょう。

もしも何かの商品やサービスリリースとあわせてWebサイトの公開も行いたいと言った場合は納期も絶対に合わせる必要があるため、しっかりとリリースにあわせて公開できる体制が整っている制作会社に依頼することも重要となります。

ただし、急ぎで制作を依頼すると、特急料金がかかったり、しっかりと練った内容で制作を行うことができなかったりすることもあるので、希望の公開日がある場合は早い段階から制作相談を行うことをおすすめします。

Webサイト制作の予算

Webサイトの制作には、それなりの費用がかかります。費用感は制作会社により様々ですし、作りたい内容によってもかなり異なります。

おすすめなのは、いくつかの制作会社に同じ相談をしてアイミツをとることです。また、Webサイトは、制作時のみならず、公開後も保守・運用や更新に費用が掛かり続けますので、その点も含めて予算をとっておくことが必要です。

年間どの程度の費用がかかるのかを事前にしっかりと確認した上で制作を進めるのがおすすめです。

Web制作の相談をする制作会社の選び方

Webサイトの制作を相談する制作会社について、どのように選べば失敗をなくすことができるのかについてご紹介します。

過去の実績がWebサイトで紹介されている

Webの制作会社は、必ず自社のWebサイトを持っているため、まずはその制作会社のWebサイトを確認しましょう。

制作会社によっては、これまで対応したお客様のWebサイトの制作実績を載せている場合がありますので、制作実績から、どのようなWebサイトの制作を手掛けてきたのかを確認してみてください。

その中でどのような課題を解決できたのかなども一緒に掲載しているWeb制作会社であれば、ただ作って終わりの制作会社ではなく、きちんと課題に向き合い解決する事を目的に一緒に進めてくれる制作会社であることが確認できるのでおすすめです。

また、もしも自社で感じている課題を解決している例があれば、より相談がしやすいと言えるでしょう。

単なる制作だけでなくコンサルや保守管理など幅広く請けている

Web制作会社には、単純に制作をして終わりの制作会社と、制作した後も相談に乗ってくれ、サイト集客支援にも対応していくためのアドバイスを行うことができる制作会社とに分かれます。

あるいは、運営し続ける限り必ず必要になるWEBサイトの運営・保守・管理などまで、きめ細やかに対応してくれる制作会社など、その種類は千差万別です。

結論から言えば、そのすべてを依頼するつもりがないとしても、全てを請け負えるだけの知識と経験を持っている会社に依頼をしたほうが、何か起きた時にも相談がしやすくスムーズに対応してもらえるのでお勧めです。

あわせて読みたい
Webコンサルタントとして「ソライル」が解決できること

最初の問い合わせに対してすぐにレスポンスがある

Web制作に限ったことではありませんが、問い合わせに対してのレスポンスの速さは、信頼度に繋がると言えます。

レスポンスの遅い会社は、例えば何か問題が会った時にすぐに解決したい場合でもなかなか連絡がとれないという状況に陥る可能性も高いと言えます。ソライルでも、対応の悪い制作会社に困ってご相談に来られたお客様が少なからずいらっしゃいます。

問い合わせに対してできるだけ同日中、遅くとも翌日にはなんらかの返事が返ってくる制作会社を選ぶのがおすすめです。

また、営業マンと制作担当が別々という会社も多いですので、そういった会社ではなく担当者が一貫して関わってくれる制作会社を選ぶことをお勧めします。

困っている相談内容について、掘り下げてヒアリングしてくれる

Webに関する知識が無いと、自分が感じている課題に対して、関連した問題点までは気が付かないのは当然と言えます。

信頼できる制作会社の場合、相談した内容に対し、自分では気づかなかった課題やポイントについても明確になるよう掘り下げてくれるものです。

いくつかの制作会社に相談を行い、そういう担当者がいたら信頼して良い制作会社であると言えるでしょう。また、担当者が相談し易い人かどうかも重要です。そういった意味で、まずは相談をしてみることをお勧めします。

料金の提示が明確である

どのようなサービスも、料金が明確に提示されていることが大切です。

Web制作の料金は、Web制作会社により料金設定はかなり幅があるので、一概にこの金額が妥当とはいえない業界なので、利用する側にとってはわかりにくい側面があるでしょう。

そのため、見極め方は複数の会社でアイミツをとることと同時に、その料金設定と内容が明確であるかどうかです。

何に対して発生している料金かが分かりにくい見積もりを提出してくるような会社ではなく、見積もり内容がわかりやすく、納得できる料金設定となっている制作会社を選びましょう。

あわせて読みたい
Web制作会社の失敗しない選び方

Web制作で困っていることはご相談を【相談事項チェック項目】まとめ

ソライルでもWebサイトの制作を請け負っており、常にお客様のご相談内容に寄り添った対応を実現しています。

・WEBサイトの改善診断サービス
・アクセスアップ、広告、SEO
・お問い合わせ(コンバージョン率)改善
・WEBサイト、スマートフォンサイトの企画・制作・最適化

など、Webサイトに関するあらゆる相談に対応が可能なので、自社の要望に沿ったWebサイトの制作を行うことが出来ます。実際にリニューアルしたお客様で、アクセス数がそれまでの500倍以上に改善されたお客様もいらっしゃいます。

現状のWebサイトについて課題を感じているため相談したい、あらたにWebサイトを制作したいので相談したいなどありましたら、まずはソライルまでお気軽にお問い合わせください。

お問合せ