Webサイトの作成費用と相場

こんにちは。株式会社ソライル、Webコンサルタントの波多野です。

Webサイトの作成をしたいと思った時、その作成費用について検索すると、制作会社により料金がバラバラで戸惑った方も多いでしょう。
Webサイトの作成は、簡単なテンプレートを使って安く作成できるものもありますが、自社オリジナルで作成をしようと思ったら、それなりの費用がかかります。

そのため、作成したいWebサイトを実現するためには、目的の明確化とそれにあった制作方法が重要となってきます。

ここでは、Webサイトの作成費用を安く抑えるための方法や、内容ごとに異なる費用相場について解説します。

また、Webサイトは作成したら終わりではありません。その後発生する費用についてもあわせてご紹介します。
これを読むことで、サイト作成に必要な費用がわかり、適正な料金でサイト作成を依頼することができますので、ぜひ最後までご覧ください。

Webサイトの作成費用を安く抑える方法

Webサイトの作成をする手段として、大きく3つの選択肢があります。それぞれメリットとデメリットがありますので、内容をよく理解したうえで、どの手段でサイト作成を行いたいかを決めるのが良いでしょう。

自分でサイトを作成する

最も費用を抑えてWebサイトを作成できる方法は、自分で作成することです。

この場合、かかる費用は、レンタルサーバー費用(1,000円前後~/年間)やドメイン費用(1,000円前後~/年間)程度となります。
レンタルサーバーはサイトを置く場所代、ドメインはサイトの住所と考えてください。

ただし、サイト作成の知識がないと時間と労力がかなりかかります。
WordPressで作成をしようと思った時、その知識がなく自信がない場合は、WordPressの設置だけを制作会社に依頼することも可能です。
この場合、数万円単位で受けてくれるところもありますので、うまく使い分けてみるのも手です。

フリーランスに作成を依頼する

自分でサイトを作成するのはさすがに難しいという場合は、フリーランスでWebサイトの制作を引き受けている方にお願いするのも良いでしょう。
フリーランスの場合、サイトの制作会社に依頼するよりも小規模単位で依頼を受けてくれる方が多いですし、費用も安く抑えることができます。

フリーランスを探す場合は、クラウドワークスやランサーズといったプラットフォームを利用して探すことができるので便利です。
ただし、その際は必ずこれまでの実績評価が高い人に依頼をしたほうが無難です。
なぜなら、フリーランスで活躍している方もスキルにはかなり幅があるほか、個人同士でのやりとりとなるため、場合によっては品質が担保されず納得のいかないサイトが納品されてしまう可能性もあるからです。

フリーランスにサイトの作成を依頼するのであれば、費用だけではなく、過去の実績が確認でき、なおかつしっかりと、サイトの内容についてコミュニケーションができる相手に依頼をしましょう。

Webサイトの制作会社に依頼する

自社オリジナルのサイトをしっかりと作成したいという場合は、実績のある制作会社に依頼をすると安心です。
目的やゴールをしっかりと共有することで、良い成果につながるサイト作成をしてもらえるでしょう。

とはいえ、料金はそれなりの金額がかかりますし、高い料金を支払ったからと言って、必ずしも良いものができる保証はありません。
制作会社によって得意分野と不得意分野がありますし、しっかりとサイトを作成する目的や納期を共有しなければ、求める成果につながるサイトにはならない可能性もありますので、制作会社を選ぶ際にもポイントを押さえて選ぶことが大切です。

下記ページではWeb制作会社の選び方についてのポイントを解説していますので、制作会社への依頼を考えている場合はあわせてお読みください。

あわせて読みたい
Web制作会社の失敗しない選び方

Webサイトの作成費用内訳を知ろう

Webサイトの作成をする場合、主に以下のような作業工程についての料金が発生します。
どのような内訳になっているかを知っておくことで、制作会社との会話もスムーズになります。

  • 企画
  • 構成・要件定義
  • ライティング
  • デザイン
  • コーディング
  • システム構築
  • テスト検証
  • 公開作業

上記は問い合わせフォームやエントリーフォームといった簡単な機能をつけたWebサイト制作を行う場合の一般的な作業工程です。

例えば単なる情報掲載ページだけの構成で、何の機能も必要がない場合は、システム構築やテスト検証の工程をなくして、大幅に工数削減をすることができるため、安い費用で作成することができます。

しかし、もしも作成したいサイトがログイン機能やショッピングカートの実装が必要な場合、システム構築やテスト検証にはそれなりの時間を要することになります。
作りたいサイトによって、工程に必要な時間が変わるため、料金もそれに比例して高額になります。

依頼内容別:Webサイトの作成費用相場

Webサイトの作成費用相場は、作成したいサイトの内容により変わります。
それぞれの相場観を知っておくことは、実際に依頼をする際に役立ちます。

コーポレートサイト

会社の情報を伝えることが重要なコーポレートサイトは、あまり動的な機能を必要としないため、比較的費用を安く抑えて作成をすることができます。
日々の新着情報の発信やIRなどの情報掲載を自社内で行いたいという要望も多いため、CMS(Webサイトの知識がなくても誰でも簡単にテキスト入力と画像挿入などを行える機能)を使って構築する場合が多いのも特徴です。

費用相場:30万円~100万円

ECサイト

ECサイトを作成する場合、手法としては大きくわけて2つあります。

1つ目は、買い物かごの機能や決済機能がついたショッピングカートを利用する方法です。
この場合、ECサイトに必要な機能がすでに備わっているためゼロベースから開発する必要がない分、費用を安くおさえることができます。
ただし、自社独自の機能などを追加することができないため、自由度は低くなります。
はじめてECサイトを運営する場合や、副業的にECサイトを始める場合などには良いでしょう。

2つ目は、WordPressやEC-CUBEといった構築ツールを用いて作成する方法です。
この方法の良いところは、自社オリジナルの機能やデザインにカスタマイズしていくことができる点です。
ただし、その分時間も料金もかかります。

費用相場:30万円~180万円

ポータルサイト

様々な情報を掲載するまとめサイトのような役割を果たすのがポータルサイトです。

飲食などに特化したポータルサイトもあれば、Yahoo!JAPANのように一つの情報に特化せず、様々な情報を掲載しているサイトなど、その形態は多岐にわたります。
そのため、必要な機能もサイトによりかなり異なります。

例えば店舗情報を掲載するポータルサイトの場合、店舗が自由に情報を掲載できる機能が必要であったり、ユーザーが口コミを投稿する機能が必要であったりと、オリジナル度合いも変わるので、料金も作りたい内容や機能によりかなり異なります。

ポータルサイトを作成する場合は、サイトの目的とゴールをしっかりと設定し、そこに必要な機能をしっかりと見極めて設定する必要があります。

費用相場:50万円~

Webサイトは制作した後のことも考えることが重要

Webサイトには作成をした後、何もしなくても発生し続ける費用があります。
また、サイトからの成果を期待するのであれば更新をし続ける必要があるため、公開後のことも考えたつくりにしておくことも大切です。

Webサイト作成後は維持費がかかる

自分でWebサイトを立ち上げる際に最低限必要な費用としてご紹介したレンタルサーバー費用(1,000円前後~/年間)やドメイン費用(1,000円前後~/年間)は、公開後もWebサイトを持ち続ける限り毎年発生します。
支払を忘れてしまうと、せっかく作成したWebサイトが閉じられてしまうことにもなりかねないので注意しましょう。

Webサイト制作後の効果検証が最も重要

Webサイトを公開した後も、サイトの更新対応が必要です。
日々の情報更新レベルであれば、サイトを作成する際にワードプレスなどのCMSを用いて作成をしてもらうことで自社にて更新ができるため費用はかかりません。

ただ、公開後の効果検証でサイトから思うような成果が期待できなった場合、その問題を改善するための改善・運用費用が発生します。
Webサイトでの売り上げや問い合わせを期待する場合、作成後の効果検証はとても重要です。
作成した後に満点の成果をあげられるサイトはなかなか無いので、こういった運用費用もあらかじめ想定しておくことが大切です。

せっかく作成しても効果が出なかったとき

色々と試してみたけれどあまり良い効果が期待できなかったとき、サイトの健康診断をしてみることで、思わぬ不具合を発見できることがあります。

ソライルでは、お客様のサイトが抱えている問題点にあわせて45項目以上の内容でサイト診断を行い、その結果をサイトについての知識がないお客様でも容易にわかる内容でレポートさせていただいております。

  • 自社Webサイトの売上がなかなか上がらない
  • 自社Webサイトのアクセス数が思うように伸びない
  • 自社Webサイトをどうにかしたいが、そもそも問題点がわからない

といった、自社サイトに対して何かしら課題を抱えていらっしゃる場合は、ぜひ一度ソライルへご相談ください。

ソライルがWebコンサルタントとしてお客様をサポートできることについてもっと知りたい場合は、下記もあわせてご覧ください。

あわせて読みたい
Webコンサルタントとして「ソライル」が解決できること

Webサイトの作成費用と相場まとめ

Webサイトの作成費用と相場について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

Webサイトは、誰に作成してもらうか、どのような機能が必要か等によって、かかる費用は大幅に異なります。
大事なのは、「どのような目的でサイトを作成する必要があるのか」です。
目的によりサイトに必要な機能や情報量は異なるため、依頼をする前にしっかりと整理をすることが大切です。

また、忘れがちですが、WEBサイトを運営していく上で、サイトを作成した後の効果検証も重要です。
ただ、効果検証の結果思うような結果が出なかったとき、制作会社にサイト改善を依頼すると、想定外に高い料金を請求される場合もあります。

そんな時はぜひソライルにご相談ください。

ソライルでは、Webサイトの規模に関わらず、Webサイトについて困っていることがあればご相談にのります。
Webサイトに関する知識をもっていなくても大丈夫です。そもそもどうすればいいかわからないという方でも、まずはお気軽にご連絡ください。

お問合せ