Web制作会社の失敗しない選び方

こんにちは。株式会社ソライル、Webコンサルタントの波多野です。

ホームページを制作、あるいはリニューアルすることが決まった時、まず探すのがWeb制作会社です。
しかし、たくさんある制作会社の中からどんなポイントで選べばいいのか困りますよね。

自社のホームページを成功に導くうえで、Web制作会社の選び方ははとても重要です。

ここでは大切なホームページを成功に導くために、Web制作会社の選び方や注意すべきポイントについてご紹介します。
これからホームページを制作する予定の方、あらたにリニューアルする予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

Web制作会社に依頼する前に事前に準備しておくべきこと

ホームページを制作したいと思った時、Web制作会社を探す前にまずやるべき準備があります。これを事前にしておくことで、自社ホームページの制作に適しているWeb制作会社かどうかが格段に選定しやすくなります。

Webを制作する目的とゴールを明確にする

Web制作会社の選定で失敗する一番の原因は、事前準備が足りていないことがあげられます。

ホームページを制作したい、あるいはリニューアルしたいと思った時、そこには必ず理由があります。

  • 求めている目的が達成できていない
  • 更新運用にお金がかかりすぎる作りになっている
  • ターゲットにあったデザインやUIになっていない

など、その理由はホームページによりさまざまです。

この目的とゴールが、依頼する側とWeb制作会社側で一致していなければ、せっかく作ったホームページでも成果につながらず失敗に終わるでしょう。

よくある目的内容として

  • デザインが古くなったから新しくしたい、かっこよくしたい
  • 他社がやっているから、うちもやりたい

といった依頼をする方がいますが、このようなゴールが明確でない依頼は失敗の元です。

まずは自社の事業内容とあった目的とゴール設計をしっかりと行うことから始めましょう。

予算と公開希望時期を明確にする

ホームページを公開したい時期や予算も、制作会社を選ぶ上でとても重要です。
たとえば「来年度の採用に利用したい」、あるいは「新事業のプロモーションのためにリニューアルしたい」など、制作したい目的と時期が明確な場合、確実に余裕をもって制作をおこなうことができるWeb制作会社の選定が重要です。

逆に「なるべく早く」といった依頼をすると、その分の特急料金を請求されたり、本来時間をかけるべき設計部分がおざなりになったりすることがあるので、本当に必要な時期を明確に伝えましょう。

また、予算についても最初に上限を決めていくことで、制作会社を絞りやすくなります。
テンプレートがある、型の決まったものを利用して制作するのでもよければ金額にさほど幅はありませんが、基本的にホームページはそれぞれの会社ごとにオリジナルで制作をおこなうため、金額はWeb制作会社によりさまざまです。

最初に高額な予算を提示すると、Web制作会社はその予算を最大限使った提案をしてきます。この中には本来、目的を達成するうえで必ずしも必要とはいえないプランも含まれてくるでしょう。
逆に、とにかく安く抑えたいという依頼をすると、目的を達成するという大前提を満たすことができなくなる可能性があります。

まずは自社で設定している予算上限100万円、200万円といった額で目的を達成するために最大限できることを提案してもらうことで、そのWeb制作会社の力量をはかることができます。
もしもその予算内で目的を達成するべき施策が足りない場合は、相談しながら追加していくのが望ましいでしょう。

Web制作会社が行う工程を知っておこう

Web制作会社が依頼をうけてから制作を完了するまでには、とてもたくさんの工程があります。
どのような作業をおこなうのか、その工程を最低限知っておくことで依頼をする際の会話はよりスムーズになります。

Web制作は主に以下のような流れで制作を行います。

  • お客様へのヒアリング(目的、ゴールの確認)
  • ヒアリング内容をもとに企画書の作成
  • 契約・発注
  • 要件定義(実際に作成するホームページのデザインや細部のつくりなど、あらゆる部分の設計書を作成)
  • デザイン
  • コーディング(デザインをhtml、CSSを用いて組み込んでいく骨組み制作)
  • システム開発(動的な機能実装)
  • 検証(誤字脱字がないか、デザイン崩れがないか、実装した機能が問題なく動いているかなど)
  • 納品・公開

例えば、何も機能を必要としないランディングページなどであれば、「システム開発」などは必要ない場合があります。
ホームページの規模や必要な機能実装により、作業工程に必要な時間は大きく変わります。

それなりに大きなサイトの依頼をする場合は、ヒアリングから公開までの期間は、最低3か月程度は見ておくと良いでしょう。

Web制作会社を選ぶポイント

自社での目的とゴールの設計ができたら、実際にWeb制作会社を選ぶ作業に入りましょう。
Web制作会社は数多くありますが、ポイントを押さえて見比べることでスムーズに選定することが可能です。

これまでの制作実績がしっかりと確認できる制作会社か

Web制作会社にも、得意な分野と不得意な分野があります。
一番わかりやすいのは、今回ホームページを作る目的とゴールが同じ内容のホームページ制作を手掛けた実績があるかどうかで選定することです。
その際、過去に制作した会社の業種が必ずしも同じである必要はありません。
大切なのは内容です。

過去に成功体験のあるWeb制作会社であれば話もスムーズですし、過去の経験をもとにより良い提案をしてくれることも期待できます。
また、実績があることで、依頼する側も安心して任せることもできるでしょう。

Web制作会社の担当ディレクターとの会話がスムーズか

Web制作会社の中で、最もコミュニケーションをとっていくことになるのは、営業ではなく担当ディレクターです。

希望や課題を伝えたときにしっかりと内容を理解し、解決してくれる提案をしてくれるか、コミュニケーションを取りやすいかは制作を任せる上でとても重要です。

例えば専門用語ばかりを使い、顧客に寄り添った説明ができないようでは優秀なディレクターとは言えません。
しっかりと説明相手の知識レベルに合わせたわかりやすく丁寧な説明をしてくれるディレクターであることを確認しましょう。

Web制作会社をコンペで選ぶときの注意点

Web制作会社を最終的にどこにするかを絞る際、多数の会社から提案を受けすぎると事前のヒアリングも大変ですし、提案を受ける時間も多く取られてしまいます。
コンペを行うのであれば、3社程度に絞っておこなうのが良いでしょう。

コンペを行う場合、どの会社にも事前に自社で準備した目的やゴール、予算や納期を明確に伝えることが大切です。
少しでも異なる情報を与えることで、内容がブレ、比較ができなくなってしまいます。

また、仮にこちらの予算を伝えた時に、勝ちたいがために予算よりも低い料金で提案をしてくるWeb制作会社もあるでしょう。
しかし安い料金の場合、その分どこかを削って提案をしてきている可能性があります。
料金だけで判断をするのはとても危険です。
しっかりと本来の目的を達成する上で必要な提案内容となっているかを見極めましょう。

Webを立ち上げたのに成果が出ない時はソライルへ

ホームページは公開したら終わりではありません。
その後も様々な情報追加や改善を繰り返し、常に運用をし続けていく必要があります。
とはいえ、色々試してみても結局なかなか効果があがらずに手詰まりになってしまうということはよくあります。

そんな時、他者の手を借りて見ることで、違う側面から改善ポイントが見えてくることがあります。

例えばソライルは、そのようなお客様に気軽に利用いただき、現状のホームページの改善点を割り出してお知らせすることができます。
いわばホームページの健康診断と考えていただくとわかりやすいかもしれません。

ソライルで出来ることや、これまでに利用いただいたお客様の声をご紹介していますので、気になる方はぜひ参考までにご覧ください。

あわせて読みたい
Webコンサルタントとして「ソライル」が解決できること
サイト改善診断・Webコンサルティング お客様の声(実績・一部紹介)

Web制作会社の失敗しない選び方まとめ

Webの制作会社の失敗しない選び方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホームページは目的とゴールの明確な設定が何よりも大切です。
料金やデザインの見た目に惑わされることなく、まずは自社でしっかりと制作する目的を整理し、そのうえでWeb制作会社を選びましょう。

そして、制作後に運用していく中で、なかなか成果があがらない、改善点を確認したいなどあれば、ぜひソライルにご相談ください。
それぞれのホームページで達成したい目的に沿ったWeb診断をおこない、サポートさせていただきます。

Webサイト診断についてのお問い合わせ

ソライルへWebサイト診断をご依頼いただく際は、以下よりご相談内容についてご連絡ください。

お問合せ