WEBコンサル

WordPressに適したレンタルサーバーの比較ポイント

こんにちは。WEBコンサルタントの神崎です。

レンタルサーバーは、月額1,000円前後から利用できるところも多く、ランニングコストもそれほどかからないため、ブログなど小・中規模なWebサイトであれば基本的なポイントをおさえておけば選び方は簡単です。

ただし、WordPressを用いてWebサイトを作成する場合は、WordPressに向いているレンタルサーバーを利用したほうがメリットは大きいと言えます。

そこで今回は、WordPressに適したレンタルサーバーの選び方や、押さえておくべきポイント、そしておすすめのレンタルサーバーについてご紹介します。

WordPressに適したサーバーを選ぶポイント

WordPressでサイト運用を行う場合には、それに適したレンタルサーバーを選択すると、手間を省いて簡単にWebサイトの構築をすることができるようになるのでおすすめです。

また、WordPressで構築するか否かに関わらず、どのような場合でもレンタルサーバーを選ぶ際の基本的に重要なポイントもあるのであわせてご紹介します。

レンタルサーバーのプランの中にデータベースが含まれている

レンタルサーバーを選ぶ際、一つの会社の中でもいくつかのプランが用意されているものがほとんどです。

プランの中に含まれているサービス内容や、データ容量などにより、金額が異なってきます。

WordPressを利用してサイト構築を行う場合、プランの内容に「データベース」が含まれているものを選びましょう。

WordPressはHTMLの内容をプログラムによりサーバー上のデータベースから取得し、指定箇所に表示させます。
そのため、プランの中にデータベースが含まれている必要があります。

レンタルサーバーの最安値プランなどはデータベースが含まれていないことが多く、WordPressのインストールができない可能性が高いので、必ずプランの中にデータベースが含まれているかどうかを確認しましょう。

ほとんどの場合、そのプランでWordPressが利用できるかどうかが明示されているので、そちらを参考にすると良いでしょう。

WordPressを簡単にインストールできる機能がある

WordPressのインストールは、契約をしたレンタルサーバー上のデータベースに行います。

最近のレンタルサーバーは非常に便利になっており、管理画面でWordPressをインストールするというボタンをクリックすると、自動的にWordPressのインストールまで終えてくれます。

ただし、中にはその機能がついていないものもあるので、レンタルサーバーを選ぶ際には、管理画面でWordPressのインストールまで簡単に行えるようになっているかどうかも確認しておきましょう。

ドメイン取得も一緒にできる

お名前.comやムームードメインなど、ドメインを取得する専用のサービスやサイトがありますが、特別なこだわりがなければドメインが取得できるレンタルサーバーで契約すると便利です。

ドメインの管理は基本的に自動更新をしておけば済みますが、レンタルサーバーの初期設定時にはドメイン設定をしなければいけません。

ドメインの取得できるレンタルサーバーであれば、ドメイン設定とWordPressの設定を簡単に行うことができるので、特に初めてレンタルサーバーを契約する方には、ドメイン取得が一緒にできるレンタルサーバーが便利なのでおすすめです。

サーバーのスペックが高くて安定した運用ができている

サーバーの安定度はとても重要です。

サーバーが安定稼働していないと、Webサイトの表示エラーが起こるなどして、ユーザーとの接触機会を逃してしまうことになります。

そのため、レンタルサーバーを選ぶ際には、エラーが少なく、安定稼働できている回線のものを選びましょう。

安定稼働が出来ているかどうかを確認する方法は、レンタルサーバーのサイト上で公表されているエラー情報の頻度をチェックしたり、実際にそのレンタルサーバーを利用しているユーザーの書き込みなどをチェックしたりすることで実情がわかります。

何かあった時のサポートが充実している

初めてレンタルサーバーを契約した場合、設置を行うまでの間になんらか分からないことが出てきたりします。

サーバーの情報を管理する管理パネルの操作方法やドメインの取得方法、WordPressの設置方法など、何かしら不明点が出てきた場合でも、直接問い合わせができればすぐに解決することができます。

メールでの問い合わせでも問題ないのですが、直接オペーレーターに問い合わせすることができる電話サポートがついていれば、詳細について確認がしやすいのでより良いでしょう。

トラフィックが増えた時にも安心できる容量がある

レンタルサーバーのプランを選ぶ際、どのくらいのサーバー容量があるかによっても料金は変わってきます。

容量が大きくなれば、その分料金も上がります。

レンタルサーバーの容量は、現時点で必要な容量で選ぶのではなく、もう少し先の未来を見据えて選んでおいたほうが良いでしょう。

容量の目安ですが、Webページ1枚につき、およそ2MB前後というのが平均的な目安です。
ただし、画像を多く使っていたり、スクリプトの記述が多いページなどは、これよりも重くなります。

容量の目安を確認するためのサイトとして、「Pingdom Website Speed Test」というWebサイトがあります。
例えば、他社のWebサイトで、自分がこれから作成するWebサイトのイメージ近いものがあれば、そのURLを入力することで、どの程度の容量があるのかを確認できるのでおすすめです。

ツールの使い方は簡単です。

「Pingdom Website Speed Test」にアクセスして、
「URL」の欄に、容量を確認したいWebサイトのURLを入力
「Test from」で、調査する国を選択
「START TEST」のボタンをクリック

これだけです。

しばらく待つと、画面下に「Page size」という項目が表示されます。
これがそのWebサイトの容量になります。

この数値を目安に、レンタルサーバーで必要な容量を選ぶと良いでしょう。

Pingdom Website Speed Test

コストがかかり過ぎず長期的に運用ができる金額である

レンタルサーバー契約料の平均は、年間1万円~1.5万円前後です。
また、翌年以降も契約更新を行うたびに同額程度の料金が必要となります。

月額にすると、およそ1,000円前後が発生するという計算になります。
とはいえ、Webサイトの運用は、何年も続けていく可能性もあるため、長期的に考えると大きな金額差が出てきます。

サーバー容量やセキュリティの強度などによって月額でかかる費用は異なるので、自社のWebサイトに必要な機能や容量はどれなのかをしっかりと確認し、最も自社Webサイトに適したレンタルサーバーのプランで契約を行いましょう。

WordPressにおすすめの人気レンタルサーバー

レンタルサーバーはたくさんありますが、ここでは特におすすめのレンタルサーバーについてご紹介します。

エックスサーバー

WordPressでブログなどのWEBサイトを制作する際に、最もよく目にするであろうレンタルサーバーのひとつが、このエックスサーバーです。

その理由は、WordPress簡単インストール機能や、WordPress簡単移行機能など、WordPressでWebサイト制作を行う場合に非常に使い勝手がよい点です。
さらに、料金が低価格な割に、サーバー速度にも定評があり、利用しているユーザーの評価も高くなっています。

サーバースペックが安定しており、表示速度も早いうえに、不正アクセスからWebサイトを守るセキュリティ機能も搭載されているため安心して利用しやすいでしょう。

エックスサーバー

ロリポップ!

「ロリポップ!」は、GMOペパボ株式会社が運営する格安レンタルサーバーサービスです。
WordPressが使える最安値価格のプランは、月額220円からと激安料金設定となっています。

管理画面の使い勝手がわかりやすいため、サイト規模が大きくない、初心者の方におすすめのレンタルサーバーです。

低価格だからといって質が悪いわけでなく、レンタルサーバー稼働率99.9%を誇っており、「無料サポートサービス」があるため24時間365日メールや電話で相談もできるため、顧客満足度も高いサービスです。

WordPressの設定ができる「WordPress簡単インストール機能」もあるので、簡単に設定を進めることができるので、コスト重視の方にはおすすめのレンタルサーバーです。

ロリポップ!

ConoHa WING

GMOのレンタルサーバーサービスです。

国内最速のサーバー処理速度能力の高さが売りで、Webサーバー処理速度が国内No.1という調査結果を発表しています。
また、日本マーケティングリサーチ機構調べのブランドのイメージ調査により、「アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNO.1」「WordPress利用者満足度NO.1」「サポートデスク対応満足度NO.1」という高い評価を得ています。

WordPressかんたんセットアップをはじめとする、WordPressに関する各種機能も揃っているため、WordPressでサイト制作を行う場合にも便利に利用できます。

長期利用割引プランがあり、「WINGパック」で契約を行うと、月額料金が1,000円を切るためとてもリーズナブルなので、契約をするなら「WINGパック」がおすすめです。

ConoHa WING

さくらのレンタルサーバ

株式会社さくらインターネットが提供するレンタルサーバーです。
昔からあるレンタルサーバーサービスで、法人、個人に関わらず、多くの実績を持つ安定感のあるサービスです。

自前でデータセンターをもっており、レンタルサーバー以外の専用サーバーやVPSといった上級者向けのサーバーサービスも提供しているため安心感があります。

最も低価格のプランは、月額131円からと驚きの料金設定となっていますが、残念ながらこの価格のプランでWordPressを利用することはできないため、もう一つ上の価格プランである月額524円のものから検討しましょう。
それでもかなりの低価格となります。
「WordPress簡単インストール機能」も搭載されているので、設定も簡単です。

サーバーのスペックをあげれば月額1,000円台から利用できますが、まずは低価格で、スピードにはそこまでこだわらないという方であれば、月額524円からのプランで十分でしょう。

さくらのレンタルサーバ

mixhost

アズポケット株式会社が運営する高速レンタルサーバーサービス会社です。

mixhostも、2019年の第三者機関の調査により、「アクセス処理速度満足度NO.1」「表示スピード満足度NO.1」「アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNO.1」という高い評価を得ています。

WordPressクイックスタート機能をはじめとする、WordPressに関する各種機能ももちろん搭載されているため便利に利用できます。

また、高速な動作環境に加え、HTTP/3にも対応しており、新しい通信技術に積極的です。
将来的に大規模なコンテンツの作成を予定している場合でも、対応サーバープランがあるため安心して利用できます。

mixhost

WordPressのレンタルサーバーを引っ越ししたくなった場合

レンタルサーバーは、一度決めてしまったら一生そのレンタルサーバーを利用し続けなければいけないというわけではありません。

他にもっと良いレンタルサーバーがあれば、当然引っ越しをしたほうが良いでしょう。

ただし、引っ越しをするということは、それなりの手間とリスクもあります。

とにかく第一にすべきことは、バックアップをとるということです。
引っ越しは必ずしもうまくいくとは言い切れないので、何か起きてしまった場合もすぐに原状回復ができるよう、バックアップをとっておくことは必須です。

また、WordPressの場合、DNS(ドメインネームシステム)も新サーバーに向けキャッシュが切り替わるまでは油断できません。
何かあった場合には、一旦旧サーバーに戻す必要も出てくるので、可能であれば一旦旧サーバーと新サーバーの両方を並行稼働させておき、新サーバーのほうで安定稼働することを確認できたら、旧サーバーの契約を終了させると安心です。

WordPressに適したレンタルサーバーの比較ポイントまとめ

WordPressでWebサイトを構築する際に適したレンタルサーバーの選び方のコツや、おすすめのプラグインについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

レンタルサーバーを契約してから、利用を開始するまでの手順は、初心者でもわかりやすいものが多く、また、レンタルサーバーのWebサイトなどでも確認ができるので安心して対応してみると良いでしょう。

しかし、もしもやはり不安があったり、時間がないためサポートして欲しいと言った場合は、ぜひソライルにご相談ください。
ソライルでは、WordPressに関するお悩みなど、「ここを解決したい!」というピンポイントでの相談でも柔軟にお請けしていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問合せ